2018年11月12日

スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(899話)

『鹿児島~チェスト~』





8月



鹿児島県





車内アナウンス


「まもなく鹿児島中央~鹿児島中央~」



むにゃむにゃ


新幹線内、寝ていた生徒たちが起き出す





そして到着、ホームへ降りる







桑田「やっと着いたーーーーー」



石井「始発で出たのにもう昼間…………」



佐々岡「過去最長の距離だよ、これ?!!」



須形「何せ本土の最南端ですもんね!!?」



天崎「南国って感じーー!!!」



荒石「暑すぎだっちゅーの!!!」





そして何人かの生徒が


「あっ!!あれ桜島ーーーー」



指差す方、遠目に桜島



オオオオーーーー


どよめき







だが、





ぬっ!!!!!



「どれだ?サクラギジマは??!」





桜木が遮るように止まって確認、そして





桜木「ふん、この偉大なるサクラギ様の名を冠しているのに全然小さい…………」







「サ・ク・ラ・島ですよーーーー」





桜木「ぬっ??!」





桜木「角刈り………」






与田だった



「それに、ここから10キロは離れてるんですから小さく見えるのはしょうがないですよ、近くへ行けば大迫力のパノラマで観れますよ」





桜木「グヌヌヌヌ、、、こいつはいつも、、、」




そんな時




「ジャマだ」


ドガァァ!!!!


桜木の背中にキックを入れる流川


「そんなトコに突っ立ってたら進めないだろうが、どあほう」



桜木「コラア!!!ルカワーーーーー!!!二年連続で駅のホームで人の事蹴りやがったなーーーー!!!!!!」



大男たちが騒いでいる






湘北高校バスケットボール部


インターハイの開催地、鹿児島に乗り込む





看板には『ゆくさ おじゃったもした(ようこそいらっしゃいました)』の文字



「西郷どんだ!!!」


「長渕剛だ!!!」セイッ♪♪♪


「井上雄彦先生!!!」オオオオーーーー





様々な意味で聖地となるこの場所で、男たちは一週間に渡る熱き戦いを繰り広げる



桜木「勝あああーーーーーーーつ!!!!!!!!!」






『温泉ホテル原別荘』


湘北メンバーの宿泊先となるホテルである





「こんにちわ~~~」


晴子が元気よく挨拶する



安西「湘北高校です、今日からお世話になります」


晴子「よろしくお願いします」


フロントスタッフたちが笑顔で迎える

「ゆくさ、おじゃったもした~長旅でお疲れでしょう??」




そして、女性のスタッフが選手を見回す


「おお~、みんな大っきか、さすが全国大会に出るチームじゃ~」



そして、桜木を見つける


「兄ちゃんどげんしたと?その派手な髪ば?キミが一番目立っちょるからエースなのけ?」



ピク!!!


桜木、ニヤリ


「ふっふっふ、分かるかね」




しかし、直後に流川を発見


「いや、こっちけ?こっちのお兄ちゃんのほうがエースの顔やぃよ」



桜木「なっ…………!!!?」





荒石「お、この流れは」



天崎「去年もあったな?笑」


須形「客商売のプロですね?!」



一同、大きくうなずく




桜木も思い出していた


「グヌヌヌヌ、グソッまたこの流れか…………」








しかし!!!!!!!







今年は!!!!!!!











「あっ桜木君ね???」





桜木「ん?」



振り向くと







家族連れ


そして「やっぱり…………」母親が確認



そして父親が幼稚園か小学校低学年ほどの子の手を引っ張り



「こんわろ(この子)も、バスケしちょる、わい(キミ)の大ファンやけ、ほれ!!!」






そして少年は前へ出て、恥ずかしそうに一言



か細い声で、だが目は輝いている



「きばいやんせ(頑張れ)…………」













桜木、何となく伝わる











そして











桜木「少年よ、おいにまかせんか!!!!!!!!!!」(何故か鹿児島の方言で笑!!!!!)





ピースサインで応える








周り「オオオオーーーー、一応全国区ーーー!!!!!!!!!」







そんな出会いもあり






総勢60名の生徒がいくつかの部屋割りで過ごす





3年生の部屋



石井「いや~それにしても遠かった~」



佐々岡「あぁ、鹿児島までこんな大人数で…………」



桑田「何でも多大な寄付金が集まったようだよ、ありがたい事だ」



桜木「・・・・」



流川「Zzz………」







2年生のユニフォーム組の部屋



野茂「明日は開幕式と一回戦、俺たちは見学だよ」



天崎「シードだもんね、高みの見物っと」



与田「青森と和歌山の勝者がうちと…………」



荒石「和歌山は絶対的王者を倒して勝ち上がって来たらしいじゃねぇか、そーゆー勢いのあるチームには気をつけねーとな」



天崎(また勉強熱心だ………)







1年ユニフォーム組の部屋



須形「いよいよ高校になって初めての全国大会だ」



長谷川「あぁ、けど何回経験しても緊張するよ」



下柳「同じく…………」



須形「二日後の試合時間にピークを合わせれるよう調整しよう!!!」



長谷川・下柳「おう!!!
!」



かつてないエリートたちの会話だった、、、







そしてマネージャーの部屋



後輩マネージャー1「あぁ、晴子先輩~私まで緊張してきちゃった~」



晴子「大丈夫よ、ほらっ深呼吸深呼吸、スーハースーハー」



後輩マネージャー2「天崎君、活躍するかなぁ~」



晴子「こらっ、えこひいきはダメ!!!」



後輩マネージャー1、2「自分だってーーー」じぃーーーー



晴子、焦りながら「自分だってって何よーーー!?わかったの?湘北皆を平等に応援するのよ!!!」





だが、晴子続ける



キリッ

「違うわ、私たちも応援するんじゃなくて""戦う""のよ!!!!!」



後輩マネージャーも感銘「はい!!!!!」









そして、翌日


ホテルからバスで約10分


メインとなる鹿児島で一番大きい体育館へ



古代円形劇場をイメージされたノスタルジーかつ雄大な外観



3面用意されたコートで同時に、一回戦が順に行われていく





晴子の手には最新の週間バスケットボールと大会パンフレット



晴子「フフッ、桜木君!!!今回のランクは遂にAA(ダブルエー)よ!!」



桜木「当然っすよ、晴子さん!!!」







荒石「だが山王と名朋はAAA(トリプルエー)だとよ」不満げ



天崎「えーー、去年AAAなんてありました??!」こちらも



「なかった」


「何だよその分け方」


「山王だって名朋に大差で負けたじゃねーか」


グチグチグチグチグチグチ






だが












くわっ!!!!!!!


桜木「かまわん、ヤマオーとメーホーに勝って""フォー・エー""ランクだ!!!!」



「おお!!!!!!!!」




須形「まぁフォーじゃないんですけどね…………」呆れ顔



流川「どあほう…………」だが汗をかいている



荒石(キャプテン殿も知らなかったな、さては)







週間バスケットボールーーーー


神奈川県立湘北高校


3年連続3回目出場


ランクーーーAA


評価ーーー前年度、夏ベスト8、冬3位の好成績、④流川と⑧桜木の二人を中心に過去最高のチームを作ってきた。目指すは初の全国制覇だ!!






そして、全国の登録メンバーは県予選と変わらず以下となっている(身長体重は最終登録時のもの)



4  流川 楓 (3年/193cm/82kg)
5  桑田登紀 (3年/168cm/56kg)
6  石井健太郎(3年/172cm/60kg)
7  佐々岡智 (3年/175cm/63kg)
8  桜木花道 (3年/195cm/90kg)
9  天崎和彦 (2年/180cm/69kg)
10 荒石淳也 (2年/194cm/82kg)
11 野茂健司 (2年/177cm/66kg)
12 与田隆之 (2年/182cm/71kg)
13 須形拓弥 (1年/181cm/68kg)
14 長谷川滋晴(1年/185cm/75kg)
15 下柳 健  (1年/196cm/88kg)





湘北はこのメンバーで明日からのトーナメントを戦っていく



全国制覇への階段を一歩ずつ駆け昇れ、チェスト!!!!!!きばいやんせ湘北!!!!



続く

同じカテゴリー(スラムダンクの続きを勝手に考えてみる)の記事
 スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(902話) (2018-12-08 06:06)
 スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(901話) (2018-11-27 10:10)
 スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(900話) (2018-11-20 10:09)
 スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(898話) (2018-11-05 10:52)
 スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(897話) (2018-10-27 08:10)
 スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(896話) (2018-10-18 03:09)
この記事へのコメント
病み上がりに、、、てか療養中書いてました(笑)
しかし、人生で一番鹿児島の事調べたな~多分方言間違えまくってるので、現地の人いてたら手直しお願いしたいですm(._.)m
では、お楽しみ下さい\(^o^)/
Posted by 赤木夏紀赤木夏紀 at 2018年11月12日 09:14
うわっまさかの月曜朝更新(^o^)/
めちゃくちゃ面白いです!!!
風邪引かれてたんですね~お大事に(;O;)
Posted by 神奈川のバスケ部 at 2018年11月12日 10:47
わわわわ、トリプルエーの次ってなんだ?
と思って調べてみましたー!
なんとクアドラプルというらしいですね!

調べてみるとみんな知らないみたいでした
キャプテンと副キャプテンが知らなくても仕方ないね!
Posted by こばやかわ at 2018年11月12日 18:15
いつもありがとうございます

湘北のランクがC➡︎A➡︎AAとは凄いです!

三◯ 宮◯『AAランクだと‼️』
三◯『ふっ、この山王キラーと呼ばれた三井寿がいたからこそAAランクに選ばれたも同然』
宮◯『去年、選抜3位になったNo.1PG宮城リョータの活躍があったからこそ』
桜◯『そして、このリバウンド王桜木花道が全ての試合に関わっている!』
三井 宮城 桜木『つまり、俺のおかげ!
やはり天才!』
木暮『あっ、赤木‼️』
三井 宮城 桜木『ぬっ❓』
赤木『調子にのるな馬鹿たれが!』ゴンゴンバシィッ!
三井『くそー赤木のやつめ』宮城『俺は事実を述べただけなのに…』桜木『ゴリめ、引退しても殴るとは』
流川『どあほう…』
天崎 須形 桑田 『流石赤木さん、怖い!』
荒石『やっぱり先代のところはやめておこうか…』
Posted by ミッチー at 2018年11月12日 21:14
荒石の身長がかなり伸びているのに驚きです‼️
頑張れ湘北(^^)

このまま2m超えを期待(^^)

ただ、魚住みたいに審判とケンカして退場しないように笑
一年後…
審判『白4番ファウル』
高砂 一ノ瀬『ニヤリ(^^)』
魚住 荒石『立ってただけだぜ、何で俺のファウル何だよ、ちゃんと見てくれよ。』
審判『テクニカルファウル退場‼️』
魚住 荒石『‼️』
Posted by ミッチー at 2018年11月12日 21:39
神奈川のバスケ部さん→ありがとうございますm(_ _)mお気遣いありがとうございます、まだ咳酷く長引いております
Posted by 赤木夏紀赤木夏紀 at 2018年11月15日 12:42
こばやかわさん→いつもありがとうございますm(_ _)m
そうです、私も調べてほぼ初耳でした(笑)
だから今回は桜木の気持ちはまあわかります(笑)
Posted by 赤木夏紀赤木夏紀 at 2018年11月15日 12:44
ミッチーさん→こちらこそいつもありがとうございますm(_ _)m
評価は湘北の進化と歴史ですよねこれは、、まぁ逆にプレッシャーにもなるかもですが、、、
荒石は大学編で197cmなので、まだ伸ばせます(笑) ただそれで言ったら天崎は大学編は180cmなので身長止まった事になりますね(;o;)
寸劇いつもありがとうございます\(^o^)/
Posted by 赤木夏紀赤木夏紀 at 2018年11月15日 12:49
鹿児島まで新横浜からでも7時間以上かかる新幹線移動の理由は何ですか??尻痛くなりますし不可解です。
普通なら羽田からLCCでなくてもたくさん飛んでるのに何故??
飛行機嫌いが湘北メンバーの中にいるのか、安西先生が倒れたことがあることが理由なのか…
関東から鹿児島まで寝台特急「はやぶさ」があったならまだしも、新幹線移動とは…
Posted by あっつし at 2018年11月15日 20:39
あっつしさん→ご指摘ありがとうございますm(_ _)m
移動手段めちゃくちゃ迷って色々調べてたのですが、鎌倉あたりから羽田行ってフライト二時間で乗り継ぎ考えたら結局計四時間になるのと(ご指摘の通り勿論それより新幹線は最速でも六時間かかるらしいのですが汗)

何より桜木君が新幹線っていうあの絶対的な比喩表現を崩したくなく、湘北の移動=新幹線にしました(大概の場合は)
だいぶ強引技ですが、ご了承下さいませm(_ _)m
Posted by 赤木夏紀赤木夏紀 at 2018年11月15日 22:13
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。