2018年10月09日

スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(893話)

『ニシエヒガシエ』





インターハイ神奈川県予選が終わって一週間、引退した彦一がいる場所は!!!!!?












和歌山!!!!!!!







故郷の大阪を拠点に関西地区をぐるりと一周り、各府県の予選を観戦に訪れ、最後に大阪市から電車で約1時間の和歌山市へ





隣には、


彦一「うっとうしいのーー、何でお前ついてくんねん?!!」









「テルオ!!!!!!!」




そう、彦一と腐れ縁とも言えよう豊玉高校の大川輝男である



輝男「まぁええがな彦一!!?我が最強・豊玉もどこと戦うかわからへんからな、他府県の試合も要チェックしときたいんやーーー」



彦一「ああ?このーーー!!!今、""要チェック""言いよったのーーーー!??」(怒)



輝男「うるさいのー、別にそれぐらいかめへんがな!!!」



しょーもない喧嘩はさておき









彦一は、まず地元大阪の決勝リーグ最終戦を観戦した



輝男のいる豊玉高校と新勢力の守口工業の対戦だ


彦一「さすが激戦区大阪や、常に7、8校は全国レベルにあるわ、、、そして遂にあの大栄学園が全国を逃してしもた」


結果は


豊玉が接戦をモノに優勝を果たした


輝男「なははは、この大川輝男様のおかげや!!!」


彦一「くそぅ、ただのベンチウォーマーのくせに?!!」※実際の輝男の実力はシックスマンぐらいの役割にある


激戦区・大阪の代表はこの対戦の2校がそのままインターハイ出場となっている









そしてここからは輝男も帯同、彼らが向かった先は古都京都



『おいでやす京都』



彦一「はぁ、外人はん多過ぎやわ~」


輝男「彦一、舞妓さんやで、綺麗やのぉ~」





さてここ京都の決勝は、全国優勝の経験もある超名門の洛安と、






彦一「こちらのチームも面白いで!!!」



『東村高校』



年々その洛安に迫る勢いで力をつけ、今年はこの決勝で、一点差まで詰め寄るゲームを繰り広げた



彦一「大阪も京都も、伝統ある強豪校に対し他チームが台頭してきている勢力図が、どことなく最近の神奈川に似とるわ」


京都も上記2校が全国進出を決めた









続いて、彦一with輝男が向かったのは兵庫



輝男「何かオシャレな街やのーーー」


彦一「港町やさかいの、何か横浜に似とるわ、あっ南京町!!!」





そしてこちらは、


ザシュ、ザシュ!!!



北野坂の勢いが止まらない


昨年度より全国でも注目されるようになったエースセンター・樋口が兵庫のインサイドをドミネイト!!!


樋口「ふぅ、、、」(桜木!!待ってろよ!!また全国の舞台で勝負だ!!!)




更には、彦一「何やーーーーーあの速さは!!!??」


樋口の新しいパートナーとなったのが1年の相葉潤という選手


身長165cmという極めて小さい選手だが、圧倒的なスピードとクイックネス、全身バネのような身体で得点を量産!!!


大会新人王にも輝いている




彦一「樋口君と相葉君、、、北野坂はインターハイでもきっとええとこまで行くはずや!!!?」












そして、現在和歌山、、、



彦一「ひょえー、他に比べたら人少ないのーーーー!!!!」泣



輝男「おい彦一、この体育館、くじらの形しよるやんけー?!!」



彦一「おおーー、ホンマや、結構デカイのーーー!!!」



だが、通りすがりのおっちゃん「兄ちゃんら、今日バスケそっちちゃうで!!?」



彦一たち、思いっきり会場を間違う(そのくじらを象った体育館ではなく、駅を挟んで逆方向に1キロぐらいの場所が本日の会場だった)



彦一と輝男は慌てて走り出し




彦一・輝男「ハアハアハアハア」


その会場に到着



ワァァァァァァーーーー



歓声があがっている



彦一「おおぉぉ、かなり盛り上がっとるで、これは要チェックや!!!!!」


会場内


和歌山の決勝は、松下橋本vs雑賀工業


彦一「ここ最近の和歌山は私立の松下橋本が一強、そして残りの公立高校が打倒・マツハシを掲げてる図式やな!!!で、数年に一回どっかがマツハシを倒すんや!!!!!」※松下橋本の略





そして、その""数年に一回""が起こる年となった!!!!!



雑賀工業が優勝!!!!!!!


ワァァァァァァーーーー


輝男「おっ?雑賀が行きよったか!!!?」(隣県なので何度か練習試合経験あり)




その瞬間


ドカドカドカドカドカドカドカドカ


彦一「何や何や??!!!」



何と、嬉しさのあまり下級生や応援団(ガラの悪い)が、応援席から次々と飛び降りる!!!!!


「ひゃっほーい!!!!」


狂喜乱舞を繰り返す!!!!


彦一「危ないーーーー!!!三メートル以上はあるのにーーーーここは道頓堀ちゃうでーーーー!!!!」(まぁ嬉しさはわかるけど)





彦一「にしても、どんなスポーツでも公立が私立を倒すと美談になりやすいわ、これも湘北と今の神奈川に言えたことかもしれん」


和歌山は、この雑賀工業が全国への切符を手に入れた



彦一「さぁ、資料も集まった事やし、和歌山ラーメンでも食べて帰るか?!!」



輝男「おう!!!!!」



ズルズルズルズル



彦一(テルオ、インターハイ頑張れよ)







そして週間バスケットボール社内では、彦一の姉・弥生が仕事に追われている



「要チェックや!!!」


「要チェックやわ!!!!!」




弥生「順番に!!!!速く!!!」



中村「ふぁい!!!!!」必死


各地方予選の結果が上がってき、弥生や中村、町田が入稿に向け大忙し!!!





弥生は、自ら取材した強豪校の結果を改めて分析している

パラパラパラ




愛知県予選決勝ーーーー


名朋工業vs愛和学院




名朋は森重寛を多くの時間、温存する余裕


それでも決勝・愛和学院を相手に120対62とほぼダブルスコアで撃破する



伊達健、伊達翔、そして河村(199cm/3年)、大村(192cm/3年)とスタメンのビッグマンが奮起し、どこからでも点が取れるチームに


弥生「タレント、サイズ、バランス、経験などを見ても名朋史上でも最強のチームね、まさに名朋王朝時代!!!!!冬に続きインターハイも優勝候補の筆頭格!!!!」


中村「王者・名朋、死角は無しか…………」






続いて秋田県予選決勝ーーーー

『ビーーーーー、試合終了』


山王工業161
昭和農業 27



弥生「・・・・」



中村「・・・・」



樽瀬が50得点16アシスト
若月が18リバウンド
菊地が9本のスリーポイント
畑山も3本のスリーポイント10アシスト
河田も25得点10ブロック



弥生「秋田県で山王が敗れる時代なんて来るのかしら…………」



中村「全く想像出来ません…………」





弥生「い、いずれにせよ、山王も、名朋に冬の雪辱を果たすため、原点に戻って一から鍛え直しているみたいよ」








そして、表紙が出来てき


見出しは


『インターハイ出場校出揃う!!!~Who stops the Monster?~』


弥生「フフッ、まあまあね…………」



中村「誰がその""怪物""を止めるのか???ですね」



怪物ーーーー



それは勿論、昨年の冬の王者・名朋工業の絶対的なエース・森重の事だった



全国の強豪たちが打倒・名朋、打倒・森重を誓う






写真も



森重を中心に、全国の有力選手が並ぶ形の構図で出来上がる



2番目の大きさで山王からは樽瀬が



その次に湘北から流川と桜木が



カマラや樋口、笹岡(宮城)、常誠(静岡)メンバーの姿もある







発売日


湘北高校・バスケットボールでは




鬼の形相で



「許さーーーーーん!!!(写真が)小さ過ぎる!!!打倒・メイホー!!!!!打倒・デカ坊主!!!!!」



流川は(日本一!!!!!)




インターハイまで1ヶ月、男たちの戦いは既に始まっている



続く

同じカテゴリー(スラムダンクの続きを勝手に考えてみる)の記事
 スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(896話) (2018-10-18 03:09)
 スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(895話) (2018-10-14 18:12)
 スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(894話) (2018-10-14 15:14)
 スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(892話) (2018-10-03 16:57)
 スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(891話) (2018-10-02 11:37)
 スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(890話) (2018-09-26 14:31)
この記事へのコメント
タイトルミスチルですね懐かしい。
安西監督を筆頭に花道流川桜木軍団の「終わりなき旅」の進行楽しみにしてます。
Posted by 赤 at 2018年10月10日 01:00
公立が私立を食う!!まさに今年の金足農業を連想させますね(^.^)
Posted by リョータ愛 at 2018年10月10日 01:47
磔の刑になったって所詮は僕らアニマルなんですね、分かります。

本編とはカンケーないですけど、、
市内から和歌山って1時間なんですか??
意外とお近い!

山王の逆襲をお楽しみに!と言いつつ
名朋と湘北も見たいよなぁーうーむ
Posted by こばやかわ at 2018年10月10日 17:57
赤さん→そうです、またミーハーな事やってしまいました(笑)
おおーー、その表現ステキです\(^o^)/
Posted by 赤木夏紀赤木夏紀 at 2018年10月10日 18:36
リョータ愛さん→マジそれ浮かびました\(^o^)/やっぱり何か公立のほうが雑草魂で肩入れしてしまいますよね~
私立の子らもはかり知れない努力してるんですけどね~
Posted by 赤木夏紀赤木夏紀 at 2018年10月10日 18:38
こばやかわさん→早速やってしまった(笑)
はい、本編と関係ありありで、和歌山の事聞いて下さい~(笑)約一時間で快速で行けます(昔はもっと速かったけどダイアの関係で少し遅くなりました)


これからどうしようかな~(^o^)/?!
Posted by 赤木夏紀赤木夏紀 at 2018年10月10日 18:52
おぉ〜。関西は大阪を中心に軽く他県に行けちゃうんですよね。南海線で和歌山の友人の所に遊びに行ったり、近鉄で奈良の友人の所に行ったり、阪急で神戸から京都に行ったり。何故か京阪だけは使わなかったけど。大学時代から転職までの青春を阪急沿線の神戸で暮らしていたから、阪急の小豆色を見ると、ちょっと胸がキュンと切なくなります。 それにしても、花道はジイと野猿と名古屋に行った時のお金はちゃんと返したんでしょうかね?
Posted by ひな at 2018年10月10日 21:50
ひなさん→ありがとうございますm(_ _)mてかめちゃお詳しい\(^o^)/
そうです、神戸30分、京都40分、奈良も30分なはず~(*^▽^*)
僕はお京阪とか近鉄線にも馴染みがあります~
ハハ、返してないと思いますが、パチンコで返すか、ホンマのプロの出世払いでしょう~(笑)
Posted by 赤木夏紀赤木夏紀 at 2018年10月11日 05:12
山王の点差はやばいですね!

実際、県予選でこのスコアがあったりするんでしょうか!

湘北が山王、メイホーを相手にどのような戦いを繰り広げるか楽しみです(^^)


木暮「あっ、あのメンバーでIHに行けるかわからない」
赤木 花形「‼️」
宮城「…今年もキャプテンも指導できない!」
赤木「晴子、お前だけが頼りだ」
花道 流川 天崎「…」
とならないように…

いつも応援しています
Posted by ミッチー at 2018年10月11日 06:48
ミッチーさん→いつもありがとうございます((o(^∇^)o))
当時の能●の県予選は決勝でもこんなもんでしたね~というより全国でもダブルスコアとか当たり前でしたよ(゜ロ゜;ノ)ノ
やっぱり皆さん勉強合宿気になってるみたいですねーーー
今年もキャプテンダメですもんね(笑)
Posted by 赤木夏紀赤木夏紀 at 2018年10月11日 10:49
初めてコメントさせていただきます。
いつも楽しく読ませてもらってます。
質問ですが、時代背景はどのように考えてらっしゃるのですか?
Posted by カーター at 2018年10月11日 12:28
カーターさん→初コメントありがとうございます\(^o^)/
時代はKの部屋さんから読み解くに、花道の学年より田臥勇太の世代が一学年下と言う事より、花道三年時は1997年が基本設定となります、その当時の実力者や有名校をモデルに書いている事がほとんどです
ただ、スラムダンク自体が連載終了して20年ほどなんで、時代背景は現代ぽくしてる所も多々あるでしょう(4Q制が物語ってます)
コナン方式ですね(笑)
Posted by 赤木夏紀赤木夏紀 at 2018年10月11日 18:00
すごくどーでもいいけど、ニシエヒガシエの歌詞を間違えていることに気づいた!
ファン失格や!

そうかー、恒例のテストイベントがあるんですね荒石くんの見せ場!…かなぁ
Posted by こばやかわ at 2018年10月11日 22:08
こばやかわさん→まあまあ(i_i)\(^_^)こゆのコメント打つ時にはつきものですよね~


荒石に期待、そうそうp(^-^)q
Posted by 赤木夏紀赤木夏紀 at 2018年10月12日 10:44
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。