2018年09月19日

スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(889話)

『Hack-a-Sack』





清田「今んとこ赤毛猿のフリースローの確率は5割以下、ファウルして止める価値は十分ある」



超エース級の活躍の桜木に、海南は清田をはじめ徹底したファウル攻勢でフリースローに持ち込みその勢いを止める









弥生「これは""ハック・ア・シャック""、、、NBA歴代No.1センターの呼び声高いシャックことシャキール・オニール!!!その強靭な体躯と圧倒的なパワーを持っていたにも関わらずフリースローが大の苦手だった彼に対し、相手チームが意図的にファウルを繰り返した事から付いたその作戦の名…………」



「その他にはデニス・ロッドマンやベン・ウォーレス、ブルース・ボウエンなど名だたるNBA選手にも使われていたわ」※wikipedia参照


「まぁシャックはファウルしなきゃ止める事は出来ないって感じだったけど」






彦一「桜木さんをハックする、、、そやネーミングは""Hack-a-Sack""にしといたろ!!?」カチカチカチカチ











桜木、再度(嶋に)ファウルを受け、フリースロー


海南はチームファウルがかさむ


清田(やむを得ない)




桜木、フリースローラインに立ち


(次はまた今のフォームに戻してと、、、)


桜木、上からの投げ方に戻す




が、ゴンッ!!!



一本目を外す



清田、ニヤリッ






桜木「何故だ、何故入らん、、、」険しい表情、思い詰める




二本目(やはり旧式の方がいいのか?)、下から放るが


ジレンマーーーー



ガン!!!



落ちる!!!



桜木「あぁ、何故だぁぁぁぁぁーーー?!!!」



流川、ため息「ふぅ、どあほう」



晴子は、また心配そうに「桜木君…………」





彦一「あぁぁぁ、桜木さん、あれこれ考え過ぎで負の無限ループに陥っとるで!!!」



里崎がきっちりリバウンド



海南は「よーーーし!!!!!」暗かったベンチも息を吹き返す







次、海南の攻撃は、その里崎が下柳からゴール下を決める!!!


湘北78
海南81



「おおーーー、里崎が決めた!!!」


「完全に海南のペースに戻ったんじゃ?!!!」


海南ベンチ「ナイッシュー、里崎!!!」


「サト!!!サトさん!!!」






そして、遂に!!!!!










バシィィィィィ!!!!!







清田が桜木を捕らえた!!!!




清田の手が桜木のドリブルを弾く!!!!!



桜木「猿!!!!?」



清田、ニヤリッ






ボールをキープしたのは一ノ瀬




一ノ瀬、味方ボールになるのを確信しいち早く走っていた清田へタッチダウンパス!!!


Outlet!!!!!



誰も追い付けない



清田、ここで自身のシグネイチャープレイ



ワンハンドダンクをかます!!!!!!!



「ウォォォォォォーーー」



ドカァァァァァァァァ!!!!!!!!!





そして自ら雄叫び、清田「うおおおっ!!!!!」



会場・大爆発!!!!!



ワァァァァァァーーーーー

「えっ???ウソーーーーーーー???!!」


驚きを隠せない


「ワァァァァァァーーーー!!!!清田が桜木からスティール!!!!」


「更にワンマン速攻でダンクだ!!!!」


「また海南5点差!!!!!」


「清田のファウルから流れが変わった!!!!!」


「見事な作戦だ!!!!!やぱ海南のキャプテンも伊達じゃねぇ!!!」





そして、桜木には見事な手の平返し


「桜木!!!フリースロー外し過ぎなんだよ!!!?」


「清田に完全に負けてるんじゃねぇか?!!!」


「何やってんだ?!!さっき褒めたのは取り消しだ!!!!」


「あぁ、まだエースとしての安定感に欠けるぜ!!!!」



桜木「グギギギ」グッと噛み締める



桜木軍団は、ムカッ!!!!



彦一も「な、何とゲンキンな!!!?」





湘北78
海南83



安西は、すぐ天崎を呼び下柳と交代


安西「清田君を捕まえて下さい」


天崎「はい!!!」





これで海南、湘北ともにスタメンに戻る


オオォォーーーー

「両チーム、スタメン!!!これで本当の最終決戦!!!!」



湘北の攻撃、海南は相変わらず桜木に清田、流川に安倍のトライアングル・ツー






弥生「ファウル攻勢により桜木君のペースが崩れている!!さぁ湘北これからどうする??!」





須形、流川に渡す


「まぁそうなるわな!!?」


「ずっと桜木だったから次は流川!!!」





弥生「けど、そんな単純に行くものかしら?」



流川「行くもの!!!」



弥生「えっ???」



ザシュ!!!!!



流川がステップバックで安倍との距離を2メートルは開け、安倍はファウルすらさせて貰えない、流川はそのままジャンプショットを難なく決めた



桜木「????」



湘北80
海南83



「うわぁぁぁ、ステップバックで決めやがった!!!!」


「安倍がいててもお構い無し!!!」


「そこ(安倍)は流川も超えている!!!!!」


「真のエース・流川!!!!!」



桜木「ぬっ??!何をーーーー」






陵南・外川「不敵…………!!」



弥生、呆れ顔で、何と独り言で謝る「はいはい、すみません、お見それいたしましたと、、、」


記者・中村、ハっと振り返る「・・・・」(さては、もう流川君のスーパープレイに裏切られるのは馴れてるな???)


彦一「やっぱ流川君の安定感は半端ないで!!!ここって時にちゃんと仕事出来るんや!!!」(これが真のエースって事なんか??!)





湘北ベンチ


桑田「しばらく桜木一辺倒だったから攻撃したくてウズウズしてたんだな??!」


石井「あぁ、それに負担も減っていた分、体力もあり余ってるぞ!!!?」



佐々岡「これなら最後まで点を取ってくれるはず、頼むぞ流川!!!」


安西や晴子もホッとした様子



流川は桜木と目が合い「ふんっ」と鼻であしらう



桜木は悔しそうに「ぐそぅ、ルカワのヤロー、さっきまでこの桜木様の影に隠れていたのにおいしい所だけ持って行きやがって、、、」けど(ファウルされないために、今のルカワの技も覚えなくては、、、)



水戸「おっバスケットマン」








フリースローは勿論、技の多さと安定感、これが今桜木が流川に劣っている部分、今後の彼の課題なのかもしれないーーーー



桜木「ぬっ???!」(誰???)






湘北ディフェンス


湘北も1番と2番のポジションは逆になったが従来のマッチアップに戻る



天崎は清田にベタ付き


清田「ちぃ!!!このガキ」


天崎「しばらく休み貰ったんす、絶対あんたを離しません!!!」


走り合う





そしてこのマッチアップなら桜木、里崎を中に入れさせない


荒石も必死に一ノ瀬を抑え





嶋がドライブを仕掛ける所、須形がバックファイヤー


嶋「????」


バシィィィィィ!!!



「須形の得意技!!!!!」



次は湘北の速攻


流川・須形・天崎が3対2の形を作り



天崎がレイアップを決める!!!



ザシュ!!!


湘北82
海南83


天崎「イエーーース、最速男・天崎!!!!!」



ハイタッチ!!!



海南の『Hack-a-Sack』により桜木の勢いは止まったが、湘北は他のメンバーの攻守に渡る輝きにより、再び一点差まで詰め寄り試合はクライマックスに近づく、お互いに一進一退の攻防が続く



続く

同じカテゴリー(スラムダンクの続きを勝手に考えてみる)の記事
 スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(903話) (2018-12-16 13:39)
 スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(902話) (2018-12-08 06:06)
 スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(901話) (2018-11-27 10:10)
 スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(900話) (2018-11-20 10:09)
 スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(899話) (2018-11-12 09:02)
 スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(898話) (2018-11-05 10:52)
この記事へのコメント
夜の仕事なんでこんな時間に更新です、(僕が書いての)100話でした✨
添削お願いいたしますm(_ _)m
Posted by 赤木夏紀赤木夏紀 at 2018年09月19日 14:11
100更新おめでとうございます㊗️

このスラムダンクが読めるのが仕事終わりの楽しみです(^^)

いつもありがとうございます

花道はまだ安定感にかけるところが流川との差なんでしょうね!

フレーフレー花道。頑張れ頑張れ花道(^^)


ところで大学4年牧世代が卒業したらどうなるのだろう!
個人的に東洋自動車に三井か藤真が来てほしいです(^^)
①PG三井 SG森尾SFデビッドPF桜木C杉山
②PG藤真 SG森尾SFデビッドPF桜木C杉山
①か②どっちでも合いそう(^^)

③PG藤真SG三井SF仙道PF桜木C杉山
③もありかも?
Posted by ミッチー at 2018年09月19日 20:36
ミッチーさん→いつもありがとうございますm(_ _)m そう言って頂けると励みになります、ありがとうございます(^^)/
そうですね、やはり欠点もあるのが花道君なのかも知れないですね

東洋自動車は、確実にトヨタ自動車ですので、Kさんはその当時の戦力に基づいて大学編と社会人チームを構成してるので、、、今調べてみると一つ下の学年ですが渡邊拓也が入るのは間違いないですね(笑) だから大学時代のパートナー?でシューターの三井は線は薄そう、、、牧かな???
Posted by 赤木夏紀赤木夏紀 at 2018年09月20日 11:32
お初にコメント失礼します花道はまだ雑念(流川より目立ちたい)というが無くなってないから簡単に乱され易いのかな、と。清田には悪いけれど、清田は良くて愛知の星レベル。全国の優秀選手に入れるけれど、例えば丸ゴリや沢北の様なレジェンドレベルには到達出来ない気がします。流川と花道はこのレジェンドレベルになれる(愛知のデカ坊主も)唯一の選手だと思うので、清田レベルに苦しむのは全国制覇に相応しくないかな、と個人的に思ってます。ただ、花道は素人臭さが抜けてない分だけ伸び代だらけ。この試合で個人でもチームでも甘さや弱さを露出した分だけ成長への踏み台になったらいいな、と思っています。
Posted by ひな at 2018年09月20日 15:02
あらまー更新が早いのねー!

こーゆー風に不安定なところがあるからこそ桜木くんは主人公として魅力的なのかなーって思います
まぁ安定して実力の出せる流川の方が
上だとも思いますけど

この辺はあれですかね、
カイジとアカギみたいな感じですかね

どっちも魅力的な主人公よねという話

スラダンで例えると神とミッチーみたいなね、だからこそ将来的にはミッチーと花道は同じチームになって欲しいなぁと
妄想しつつ楽しみにしてますね!
Posted by こばやかわ at 2018年09月20日 19:56
ハックアサックに笑ってしまったwww
Posted by 懐かしの at 2018年09月20日 21:20
いつも楽しみに読ませてもらってます!!
清田も好きなんで頑張って貰いたいです(^o^)
Posted by リョータ愛 at 2018年09月20日 23:05
ひなさん→初コメントありがとうございます\(^o^)/
全て同じ見解ですね、スラムダンクでは沢北、河田兄はズバ抜けてますよね~
清田にも頑張ってもらいたいものですが、、、
スラムダンクでは、って言うか少年マンガでは主人公の成長がテーマみたいなもんなんで、花道の成長こそがスラムダンクの醍醐味ですよね、これからにも期待です!!!
今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m
Posted by 赤木夏紀赤木夏紀 at 2018年09月21日 19:39
こばやかわさん→いつもありがとうございますm(_ _)m
そうです、今回早かったんです(笑)
うわっ、カイジとアカギの例え分かりやす過ぎます!!!
まさにその通り!!ってなりました(*≧∀≦*)
荒削りですが花道のこれからに期待です!!!
Posted by 赤木夏紀赤木夏紀 at 2018年09月21日 19:43
懐かしのさん→ありがとうございますm(_ _)m造語たまに作ります(笑)
Posted by 赤木夏紀赤木夏紀 at 2018年09月21日 21:08
リョータ愛さん→こちらこそいつもありがとうございますm(_ _)m
清田、まだまだ頑張りますよーーー!!!
Posted by 赤木夏紀赤木夏紀 at 2018年09月21日 21:09
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。