2017年06月16日

ご近所物語51

こないだゴエさんの最後の晩餐でまーくそとかと斗天王ラーメンに初めて行ってきた~!!!!!

濃いめなので、私好みだが、拉麺色々人生色々だね☆  

Posted by 赤木夏紀 at 13:14Comments(0)飲~食ご近所物語

2017年06月16日

スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(802話)

『歴史とバッシュ』





選抜決勝から10日後、年明け早々の湘北高校体育館


キュッ・キュッ

「ソーエイ・オーエイ!!!」


「オラオラ、どした?オメーら、そんなんじゃ名朋は倒せないぞ!!!」
声の主は、宮城




「引退したのに、何でいるんだ………???」


下級生のそんな声もある中、お構い無しに練習に加わっている





それを制服姿で外から見てるのは、安田、塩崎、角田


「しかし、宮城も水くさいよな、、、」


「だな、何てったって明利大学だもんな、明利」


「赤木さんや花形さんの推薦もあったみたいだが、選抜の活躍がスカウトの決め手になったみたいだ」


「だから卒業までここで練習するようだよ」





「""夢の途中""だもんな」

(大学行っても頑張れよ、リョータ)







宮城、「ウリャーーーーー!!!」レイアップ!!!!




を、バシッィ!!!!流川が阻止



宮城「何っ??」






流川「俺の時代!!!!!!」



宮城、汗「????????」







そして宮城、違和感に気づく「ん?」



「天崎、花道とマネージャーはどうした???」



天崎「何か、バッシュ潰れたから買いに行ってくるとか」



宮城「ったく、、、」















チエコスポーツ店内



ダダダダダダ、キュッ・キュッ、キュッ!!!



店長「どうだい、桜木君??」少し困り顔




桜木「これもいい、これもいい」





晴子「キャーキャー、桜木君、これもカッコいいわよー、あっこれも、あっこれも」




桜木、デレッ「ハイー」



店長「ったくー、けど桜木君、これで何足目だよ~??」


桜木「知らん!!」



桜木花道、記念すべきバッシュ一足目をこの場所で手に入れてから、数ヶ月単位で履き潰しては、ずっとここで""お世話になっている""のだ




店長「ジョーダン(シリーズ)は、ほぼ履いたしね」





店長続けて、「あっ、新作今日入ってくるんだー!!!」






配達業者「チワース!!!」「ワアーーーー!!!」何かにビビる!!


桜木、素早い動きで段ボールを勝手に開け!!!!






「カッコえええーー!!!!!!」



手に取り出したのは、


エア・ジョーダン10・ブルズカラー
http://item.rakuten.co.jp/skit/310805-100-fs/




晴子「わぁ~素敵!!!」



店長「裏には、マイケルの数々の歴史が刻まれてるんだよ、、、」










「バスケットマン・桜木の歴史も刻んでよ!!!!!!!」





桜木・晴子喜ぶ「おおおおーーーー」







桜木「て、て、て、て、店長、これ、これ、お礼取っといてくれ!!!」ポケットから何やら取り出すが、







店長「あー、いいよいいよ、先行投資、先行投資、絶対プロになってここの宣伝してくれよ!!!」(じゃないと赤字だぁ、グスン泣)





桜木「おうよ!!!!」






店長、飴玉を受けとる「………」










「おっしゃーーーーー、バスケットマン桜木、ニューバッシュで参上!!!!」


湘北、再始動!!!


「しかし、一体キャプテンは誰がやるんだ?」



続く  

2017年06月16日

スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(801話)

『歴史が変わる』





「そ、そんな………」




山王工業VS名朋工業の決勝戦





試合展開はバスケファンの予想を大きく裏切る形となり第3クォーター中盤まで進んでいる





山王28
名朋60




ダブルスコア以上の点差!!!!!




ゴクリッ………唾を飲みこむもの


あんぐりするもの


会場「どうなってるんだ………???」



「何せ、山王が点を取れなさすぎる」






その原因は!!!!!!








バチィィィィ!!!!!!!









豊田「ヒロシッーー!!!!!!!!」

森重のブロックに監督自ら興奮!!!!






そのブロックは、昨日の湘北戦でもあったよう、知らぬ間に追い付かれ後方からボールをはたかれ、、、そしてコート外へ!!!



豊田「ヒロシッ!!!!!だから、バレーのスパイクじゃねぇんだぞ」ご満悦


「ハイヨ、おっちゃん」



そう、この点差の原因は、森重寛によるもの



森重寛、第3クォーター序盤までで29得点、12リバウンド、5ブロックの驚異的なスタッツ





記者席
弥生「どうやら、本当に覚醒してしまったようね………」


町田「異次元だよ、こりゃ」


中村「夏は互角、そして僅差で山王だったのに」


町田「何がそうさせた?」


弥生「昨日の湘北って所ね……」


続けて弥生「まだ時間はあるが、山王工業の大敗、、、歴史が変わるわよ」






樽瀬俊輔、ハアハアハアハア「クソッ」


中学時CMにも出演、鳴り物入りで山王工業に入り、夏のインターハイ、秋の国体と連覇した一年生にしてスーパースターだが、いよいよ挫折を味わう事となる





そして、山王工業、フルコートプレスをかけるも、名朋・伊達翔これを突破!!


すぐさま伊達健太まで渡り得点!!!ザシュッ!!!この日20点目!!



落合は、山王工業エースシューター菊地にほとんど仕事をさせていない、菊地スリーポイント1/12の確率の悪さ



沢入は、献身的なスクリーンやリバウンドでチームに貢献、相手の若月とのランニングプレイも制す

名朋、昨日の流れのまま、五人がバッチリ噛み合っている





観客席(神奈川県制)

仙道「ずば抜けた感じだな」


神「ああ」


越野「夏は山王工業が湘北も名朋も破ってる」


清田「秋も山王工業(秋田)が優勝」


仙道「そして、この山王も博多に苦戦していた」


神「四強から名朋が一つ抜けた感じだな」


清田「最強の敵だ………」



宮城「花道、流川、改めて倒すべき敵だ」


流川、頷く(日本一!!!)


桜木、噛み締める「デカ坊主………」






会場のざわつきは続いている「相手は山王工業だぞ!!!」



そして、あの山王工業を30年見続けてるおっさん
「今年の山王が悪いわけじゃない、夏からも相当なレベルアップはしてるぞ」





「けど、それを名朋が超えている」悔し涙を流す








愛知・名朋工業高校、二日連続で日本バスケ界を震撼させている




山王工業にとっても、昨年の夏に湘北に負けたのと同じぐらいこの歴史的大敗はショッキングなものとなる





『ビッビーーーーーー!!!!』
試合終了


最終スコア
山王50
名朋82




名朋、歓喜!!!!!


山王、悲劇!!!!!



河田美紀男、号泣






全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会は名朋工業高校の優勝で幕を閉じる!!!



続く