2017年10月17日

スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(838話)

『上回っている部分』





湘北の攻撃、須形も連鎖してジャンプショットを外す!!!



ガンッ!!!!



須形「あっ!!!!?」





記者・中村「得意のシュートなはずなのに…………」


弥生「そう、今年の湘北は、どこからでも点が取れるはずなんだけど、、、ちょっと試合に飲まれている感じかしら?」


記者・中村「流川君は今野君に対応してきたので、逆に他のメンバーがどれだけ出来るかですね?!」





湘北のミスが続く

天崎から荒石へのパスが合わなかったのだ


天崎・荒石「しまった!!」






湘北ベンチ


桑田「まだ乗り切れない」


石井「流川以外で何かビッグプレーが出れば乗れるはずなんだが………」


佐々岡「相手がゾーン(ボックス・ワン)だからやりづらいのかな?」


野茂「確かに、桜木さんたちには張り合いがないと言うか………」


与田「マンツーマンで明確な相手がいる方が燃えるタイプですからね………」


晴子「安西先生、タイムアウトか交代をしたほうが良いのでは???」








安西「ふむっ…………もう少し様子を見ましょう、このメンバーなら必ず自分たちで打開出来ます」










またもや天崎のスリーポイントが落ちる


天崎「あーーー何故だ、クソッ!!!」





その様子を気にする流川







更には桜木のジャンプショットも落ちる!!!!



桜木「ハワワワワワワワ!!!何故だ???」



しかし、そのリバウンドを流川が詰めタップで沈める


桜木「?????」





観客「わぁぁぁぁーーーー!!また流川だ!!!!」


観客「あいつはボックス・ワンでも全く関係なしかよ!!!」




今野「ハアハア、クソッ!!!」




第1クォーターラスト1分

湘北12
翔陽15










そして、ディフェンスに戻る桜木は、ブツブツブツブツ「何故だ、何かがおかしい…………」














そんな時、




ドカァァァァーーーーー!!!!







桜木「痛ぇぇぇぇ!!!!!」





振り返ると



桜木の尻に流川の蹴りだった


湘北、翔陽メンバー、観客と全ての人間が驚いている




晴子「流川君、、、」










桜木「ルカワ!!!!!!」








そして流川、口を開く

「どあほう、、、何迷ってやがる」











「相手がゾーンでもやる事は一緒だろが!!!」










そして、












「テメーが相手より上回っている部分を出すだけだ!!!!」

















天崎・荒石・須形も聞き耳を立て、我に返る


「上回っている部分…………」


天崎(そうだ、やる事は一緒、俺は走る!!!!)


荒石(身体能力ではこいつらに負ける事はないんだ!!!)


須形(確かに流川さんへのボックス・ワンとゾーンを意識し過ぎてた)








桜木「上回っている部分…………?????」












そして


くわっ!!!!!!!!


桜木、目を見開き!!!!



「パワー、スピード、テクニック、高さ、スタミナ、そして顔、スタイル、、、全てだ!!!!!!!」



流川「ふんっ」











翔陽の攻撃は、中村(俊)のカットイン!!!



流川が抜かれる!!!



晴子「????」



中村(俊)、そのままゴール下でレイアップ!!!!


遅れぎみでブロックに飛んだ流川



中村(俊)、構わず放つ!!!!!!

中村(俊)(行ける!!!!)






それを、






「ふんがーーーーー!!!!!!」



跳んできた桜木





ガシィ!!!!!!









何と、桜木のブロックは!!!!!









観客「取っている!!!!!!」




桜木、中村(俊)のレイアップをブロック、そしてそのままボールをキャッチ!!!!



息つく間もなく、桜木「スガタ!!!!」



中継地点で須形にパス、須形は直ぐ様「天崎さん!!!!」天崎にパス



前線の天崎と荒石、ディフェンスの石川との2vs1を天崎のノールックパスにより、荒石のレイアップがゴールを射抜く!!!!




バスッ!!!!




湘北14
翔陽15




観客「わぁぁぁぁーーーー!!湘北の速攻!!!!」


観客「流川以外の得点!!!!!」


観客「全員絡んだぞ!!!!!」


観客「いや、それより桜木だ!!!!ボールを取っちまった!!!!」





石井「ビッグプレーが出た………」





そして桜木は満足げに「やはり天才、、、」













晴子「流川君、もしかしてわざと…………」



湘北ベンチ「間違いない、、、わざと抜かせて桜木のブロックまで計算に入れたんだ…………」



「桜木に自信を取り戻さすために…………」



「そこまで計算出来る男なんだ、流川は…………」



「キャプテン・流川…………」



安西「ほっほっほっ」



全員、ゴクリッ「恐ろしい!!!!!」








当の流川「ふんっ」






湘北ベンチ「いや、どちらにせよ、ようやく反撃開始だ!!!!」




第1クォーターラストの翔陽のシュートも落ち、湘北は流川の鼓舞により勢いがつき、より良い雰囲気で次のクォーターを迎える事となる



続く  

2017年10月10日

スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(837話)

『ワンマンの代償』





「翔陽が強い!!!」


「やはり、名門校!!!」




弥生「海南との二強と言われた時代は過ぎたけど、今でも立派な強豪よ」


記者・中村「そういえば去年も派手さはなかったけど、湘北や陵南とも充分戦えてましたからね」


弥生「ここまでを見る限り今年もかなりいいチームだわ、、、湘北にリベンジなるかしら?!」


記者・中村「いや、湘北がこのまま黙っているわけがない!!!」


弥生「そうね、まだ試合も始まったばかり、、、必ず克服してくるわ」









案の定、湘北の攻撃は



ガシッ!!!!!



桜木と荒石がカーテンとなり、それを利用した流川にこの試合始めてボールが渡る


今野「クソッ!!!」と言いながらも追いつく






流川はピボットを繰り返し1on1を仕掛けんばかりの様子



今野はまだぴったりと、残りの四人もいつでもヘルプに行けるようディフェンスに集中する



観客「流川だけ1vs2、いや全員と戦ってる感じだな???」




しかし







流川、ギラリッ!!!!





今野、ゴクリッ!!!!






バッ!!!!!!


ここぞとばかりのコースを見つけ、爆発的な一歩目で今野を抜く!!!!


湘北ベンチ「出た!!!!日本一のドライブ!!!!!」





今野(速い!!!!)



そしてヘルプに中村と古賀が来た瞬間



流川、ストップ・ジャンプショット



古賀・中村・遅れた今野がブロックに跳ぶ


観客「1vs3!!!!」




しかし、流川お構い無し



シュッ!!!!



観客「無茶だ!!!!」






ザシュ!!!!



シュートが決まる!!!!





湘北2
翔陽6







「わぁぁぁぁーーーー!!!三人相手にジャンプショット決めやがった!!!」


「かなり強引だったぞ!!!!!」





弥生「本当に何人相手でもあのジャンプショットは無双ね、動きに全く無駄がないわ」


記者・中村「速いし打点が高すぎる、"跳んだらフリー"って感じだ」


弥生、苦笑い「ちょっとセルフィッシュな感じもするけど、流川君は例外なのよね………」


記者・中村「さぁ湘北の反撃が始まるぞ!!!」


弥生「いや、そう上手くいくかしら?!!!」


記者・中村「????」








次の翔陽の攻撃は、石川のシュートが落ち、リバウンドを桜木が取る



湘北ベンチ「よぉし!!!!一本止めたぞ!!!!」







湘北の攻撃、、、流川が今野を押し込みポストアップ


そこへ、ボールが入り、流川は振り向き様のフェイダウェイ・ジャンプショット!!!!


今野とその背後の古賀のブロックも届かない「クソッ!!!」



ザシュ!!!!



湘北4
翔陽6




観客「二連発!!!!!」


観客「お見事、全日本Jr.メンバー・流川!!!!」







記者・中村「さすが流川君、やっぱり反撃開始ですよね?!」


弥生「…………」






翔陽の攻撃は、見事なパス回しから阿部がレイアップを決める


ザシュ!!!!


湘北4
翔陽8






そしてまた次の湘北の攻撃、須形のドライブ、ディフェンスにズレが出来た瞬間、ノーマークの流川にパスを渡し、ジャンプショット!!!!


ザシュ!!!!




湘北6
翔陽8




観客「流川三連発!!!!!」


観客「止まらねぇ!!!!」








記者・中村「まさか…………???」





そして、第1クォーターも5分が過ぎようとした時にメッキが剥がれる






流川の高速ドライブ!!!!!


翔陽、次はほぼ五人で囲みに行く!!!!



その瞬間、ビュッ!!!!!


ディフェンスが自身に集中したため、流川の選んだプレイはパス!!!!



受け取ったのは桜木!!!!!



桜木、近距離のジャンプショット!!!!!







が、「あっ!!!!?」桜木が叫ぶ



打った瞬間に手が滑りフォームも乱れ、自らのシュートが外れるのを感じ取る





記者・中村「これだぁ!!!!!!」







案の定、ガンッ!!!!

シュートが外れる




湘北ベンチ「おいっ!!!!!ノーマークの至近距離外すなよ!!!!」

「初歩のミスだぞ!!!!」




リバウンドは翔陽・古賀



そして、翔陽の速攻、石川のレイアップが決まる


ザシュ!!!!


湘北6
翔陽10








そして記者席

記者・中村「わかりました………」


弥生、フッと笑う



記者・中村「湘北は流川君一辺倒だったからまだ周りが"試合に入れていないんだ"!!!」




弥生「ご名答!!!今野君にボックス・ワンで着かれてるにも関わらず、流川君に攻撃が集中していた、去年からもそうだったけど、困った時に"流川君頼み"になる湘北の悪い癖よ」



記者・中村「逆に翔陽はここまで五人全員が仕事している………」



弥生「湘北は本当の意味でここを克服出来るかがこの試合の鍵になりそうね」





桜木、悔やむ「やってしまった…………」


天崎・荒石・須形はまだほとんど仕事らしい仕事をしていないので焦り出す


流川「チッ!!!」



湘北のピンチが続く



続く  

2017年10月03日

スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(836話)

『翔陽強し』





翔陽のディフェンスはボックス・ワン


今野が流川を徹底マークし、他メンバーもゾーンで足を動かす


観客「今野のディフェンスがスゲー!!!」


観客「あんなにベタベタについて、体力は持つのか???」


今野、集中している、キュッ、、、キュッ、キュッ「…………」






湘北は

須形(クソッ、あれじゃ流川さんにパスが出せない!!)



荒石「俺たち四人はゾーンで守れるって事かよ?!!」


天崎「俺たちに外がないと思ってるのか?」
※ゾーンディフェンスは外への守りが手薄になる事が多い


桜木「この真のエースにはマークを付けず、キツネごときに………絶対に許さん!!!」



湘北、最初の攻撃、しばらく流川以外の四人でボールを回し、天崎がスリーを打つ


天崎(入れ!!!!)




しかし、ガンッ!!!!



シュートは落ちる!!!





リバウンドは古賀!!!




弥生「少し打たされた感じがあったかしら?!」


記者・中村「最初の攻撃と言えどリズムが悪かったですね」


弥生「エース・流川にボールが回らないのが湘北の攻撃のバランスを崩した」









そして、翔陽の攻撃に対しては湘北はハーフコート・マンツーマン




弥生「湘北は通常通り、、、やはり奇襲を仕掛けたのは挑戦者の翔陽………」


記者・中村「しかし、個々の能力はどのポジションも湘北のほうが上ですよね、このマンツーマンから点を取るのは難しいのでは………」


弥生「桜木・荒石の(元)素人コンビも武蔵カップまででほとんど弱点がなくなっていたわ、ただ…………」


記者・中村「スポーツは個人の能力だけではないと………?」


弥生、「ハッ????」(この子、やはり成長しているわ………)






そして、案の定、翔陽はスクリーンをいくつも駆使しセットプレイで、中村(俊)がオープン!!!!


マークマンの流川もスクリーンにかかり、チェックが遅れる



中村(俊)が、スリーポイントシュートを放つ!!!!



シュッ!!!!




流川、やはりブロックが届かなかった

流川「チッ!!!」




観客「しかも左利き!!!!」




ボールはキレイな弧を描き






ザシュ!!!!




観客「ワァァァァーーーーー!!!!!先制点は翔陽・中村のスリー!!!!!!!」



湘北0
翔陽3



翔陽はコート、ベンチ、応援団が爆発して喜ぶ!!!!!!!



中村(俊)も、ガッツポーズ!!!!!

中村(俊)「ヨシッ!!!!!!」






弥生「中村俊樹…………3年生…………中学時代はクラブチームでプレイ、名門・翔陽に入ったものの身体も小さく高1時代はボール拾いなど不遇の時代もあったみたい………2年生になり徐々に身体も大きくなり試合にも出れるように………そして今年はエースとして臨む大会よ!!彼のサウスポーのスリーポイントは芸術品、翔陽で左利きでエース、藤真君を彷彿とさせるわね、要チェックやわ!!!」



記者・中村「早熟や晩成型とか個人とそのチーム事情によっても十人十色なんですね、まだまだ色んな選手がいるもんですね」


弥生「そうね、名門ならではの人数の多さに、中村君は努力を重ね、徐々に才能を開花していった方の選手ね」





次の湘北の攻撃も同じ


翔陽のボックス・ワン!!!



そして、桜木が左コーナースリーポイントラインやや前でボールを貰う



しかし、ゾーンは一番近い古賀を初めチェックに行かない

古賀(桜木にこの距離はない)




弥生「ここも研究している」






桜木「出てこないのか???」



桜木ノーマークのジャンプショットを打つ!!!





しかし、ガンッ!!!!




桜木「あっ!!!!!」





記者・中村「また打たされた感じだった!!!!」



弥生「逆にディフェンスが出てこない事を意識し過ぎた!!!」





そして、翔陽の速攻!!!!




石川が先頭で走り出す!!!!


観客「速ぁぁぁぁい!!!!!!」





須形と天崎が追いかける!!!!!

天崎(追い付ける!!!)



しかし、ボールは阿部を経由して、サッ!!!!




ボールを受け取ったのは、ノーマークの中村(俊)!!!!

天崎「あっ!!!!」


その瞬間






流川、「チェック!!!!」大声で叫ぶ





が、シュッ!!!!!!




中村(俊)は、左45度から躊躇なくスリーポイント!!!!






これが、、、













ザシュ!!!!





またもや決まる!!!!!



湘北0
翔陽6





観客「わぁぁぁぁーーーー!!!!中村の連続スリー!!!!」






周囲はかなり驚いている


観客「二連続得点は翔陽!!!」




記者・中村「石川君のスピードに吊られたんだ!!?」


弥生「そして、、、ゾーン(ボックス・ワン)からの速攻の利点をついた!!!」


記者・中村「えっ?どういう事ですか???」


弥生、説明する「もしマンツーマンならほとんどの場合、カウンターで速攻になったとしても自分の相手が近くにいるものよ、何故ならさっきまでその相手を守ってたんだから、、、しかしゾーン(ボックス・ワンも含む)なら自分のマークマンが全く逆サイドにいる状態でカウンターを仕掛けれる事なんてざらにあるわ、、だから本来、中村(俊)君をマークするはずの流川君がだいぶ遠い場所にいた、更に、、、」






今野が流川の前で笑みを浮かべている


流川「にゃろう………」




弥生「今野君がファウルにならない程度でディフェンスに戻る流川君を遮った」



記者・中村「す、すごい………」



弥生「立場が変わったとしてもやはりバスケ名門校、堅実、または狡猾なバスケが出来るもの、試合巧者よ!!!」


観客「奇襲大成功!!!」


観客「翔陽強し!!!」



湘北、ピンチ!!!!



続く  

2017年09月29日

スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(835話)

『翔陽戦スタート』





♪♪♪「インターハイへーーーーー行くのはーーーー誰だぁーーーーー????」♪♪♪



「翔陽!!翔陽!!翔陽!!!」
ドンドンドンドン



♪♪♪「湘北と翔陽ーーーー似たような名前だが、勝つのはどっちだぁーーーーー????」♪♪♪


「翔陽!!!翔陽!!!翔陽!!!」
ドンドンドンドン


あのお馴染みの応援歌!!!


神奈川伝統校の翔陽高校バスケ部はベンチ入り出来ないメンバー合わせて総勢70名の大所帯




桜木軍団・大楠「あの応援団は相変わらずだな………」



野間「伝統校ならではの………」



高宮はペットボトルのコーラを飲み干そうとしている、ゴクゴクゴクゴク



それを、水戸が「おいっ、それいらねーぞ!!!」



高宮「ん????」







すると


「行け行け湘北!!!押せ押せ湘北!!!」
ガンガンガンガン


更にはヒットソングの替え歌などを大人数が歌い盛り上がる♪

♪♪♪「オーオーーーーーオオオオッオッオーーー!!!!」

ドンドンドンドン!!!!!




そう!!湘北のベンチ外メンバーも約50名、部員数60名以上の大所帯!!!



大楠「改めて見るとスゲー人数だな」



野間「二年前の翔陽戦は全員ベンチ入りだったのに」



高宮「ゲホッ、、、ゲホッ」イッキ飲みでむせている



水戸「もう立派な強豪校の応援団だよな、、、さぁ始まるぞ」








両チームがアップを終え、ベンチに戻る




湘北ベンチ

安西「スタメンは流川君、桜木君、天崎君、荒石君、須形君………」


不動のスタメン


選手らは、確認事項を話合う


「ミスマッチは特にない」


「エース・中村はかなりの実力者だぞ」


「中村と阿部のスリーポイント、石川のスピードには気をつけろ」


「オッケー!!!!!」


「行くぞ!!!」


「おう!!!!!!」




翔陽ベンチも


「エース・流川を止める」


「桜木のインサイドにも気をつけよう」


「先輩たちの借りを今こそ返そう!!!!」


「おう!!!!!」






『ピッピーーーーーーー!!!!!時間です!!両チーム前へ』




晴子「いよいよなのね、、、頑張って桜木君・流川君!!!」ドキドキしながら祈っている



湘北高校スターティングメンバー

4.流川楓(SF)3年/192cm/83kg
8.桜木花道(PF)3年/194cm/90kg
9.天崎和彦(SG)2年/180cm/69kg
10.荒石淳也(C)2年/193cm/82kg
13.須形拓弥(PG)1年/180cm/66kg






翔陽高校スターティングメンバー


4.古賀正彦(C)3年/192cm/88kg
5.阿部直宏(PG)2年/179cm/70kg
6.今野勇樹(PF)2年/190cm/82kg
10.中村俊樹(としき)(SF)3年/185cm/74kg
14.石川泰幸(SG)2年/182cm/72kg





満席の観客席、そして関係者席


弥生「2年前からこの二校の立場は入れ替わったわ」


中村「挑戦するのは翔陽、きっとリベンジに燃えているはずだ、いったいどんな試合になるんだ??」


弥生「さぁ始まるわよ!!!」










『ティップオフ!!!!!!!!』


ジャンプボール

桜木が古賀のはるか上でボールを弾く!!!!


桜木「フンッ!!!!!」


流川と天崎が前方に走り出す


須形がボールを拾い、すぐさまパスの構え





しかし、須形パスを出せない!!!


須形「クッ????」



流川にも天崎にも、みっちりマーク




観客「おおおーー、研究してきている!!!!」









更には、「4番!!!!」

流川を指差し、そう声を出したのは今野!!!



そして、残りの四人はディフェンスでボックス(4角形)を作る




観客「こ、これは???」




観客「ボックス・ワン!!!!!」


※ボックスワン=相手のエースなど一人にはマンマークをつけ、残りの四人はゾーンを組む守り方




翔陽一の守備のスペシャリストの今野が、流川にかなりタイトなディフェンス!!!


観客「うわーーー!!!!今野のフェイスガードだ!!!!翔陽が先仕掛けてきたぁ!!!!」






流川、振り切れない「チッ!!!!」



湘北残りの四人「ナメやがって!!!!」



続く  

2017年09月27日

スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(834話)

『翔陽戦を前に』





インターハイ・神奈川予選

湘北は見事、準々決勝で武園をダブルスコアで下し、ベスト4進出を決めた




そして、他ブロックの結果は以下の通りとなっている


Bブロック
陵南98
浜田中央62

Cブロック
海南124
津久武49

Dブロック
翔陽92
緑風60





週間バスケットボールと神奈川バスケ関係者の評価は


中村「やっぱりこの4校か………」


弥生「見出しは"4強揺るぎ無し"って所かしら?!!」


中村「一昨年から話題の緑風も主力メンバーが抜けちゃいましたからね」


弥生「そうね、新興校の緑風を伝統校の翔陽が押さえた結果ね 」


中村「その中でも、海南の勝ち方は圧倒的ですね」


弥生「武蔵カップの 湘北vs津久武のスコアをだいぶ意識してたみたいよ………」


中村「"王者・海南"、、、まだどうしてもこのイメージが強い」


弥生「王者奪還、、、そして湘北へのリベンジが海南の目標ね」












湘北高校では各校の試合のビデオを観ながらミーティング中


天崎「クソッ、津久武戦は 俺らが60点差に対して海南は70点差で勝利かよ………」


荒石「一ノ瀬の野郎、スリーも含む35点の荒稼ぎ、海南は他のメンバーもかなり上手いぞ!!」


野茂「翔陽もエースの中村と阿部たち2年生のバランスの取れたいいチームだ………」


与田「陵南も武蔵カップから成長している様に見える………」


桑田「言っても俺らが入学した頃はどこも格上だったんだ」


石井・佐々岡、ゴクリと唾を飲む








桜木「ふんっ、ビビりおって!!!」


流川「…………」






ビデオでは、海南の清田が気を吐く

清田「どりゃーー!!!!」

ダンクを決めた後も

「おらっ!!オメーら、気合い入れろ!!!」





須形「点も取れるし、キャプテンシーもある、かなりいいガードだ」


桑田「本当に段々と牧に似てきている………」





桜木「ふんっ、エラソーに、野猿が」


流川「…………」






そこへ、安西がミーティングに遅れて参加


安西「ふむっ、皆さん相手チームの研究は進んでいますか?」



桜木「おうよっ!!オヤジ!!!この研究王・桜木、もうどこが来ても余裕だぜ!!!」


一同(研究王…………???)



安西「よろしい、決勝リーグはトーナメントとはまた違った独特の雰囲気ですよ、心身ともに調整していく必要がある」



桜木「おうよ!!!この調整王・桜木に任せんかい!!!!」



一同(調整王…………???)



安西「では、緒戦は皆さんご存じの通り、翔陽戦です。これに勝って勢いをつけましょう。そして全勝で全国ですよ、桜木君??!」



桜木「おうよ、この全勝王・桜木にーーーー」



一同「もうええっちゅーに!!!!」













一方、翔陽高校バスケットボール部


新キャプテンは昨年からレギュラーを努める古賀

「緒戦は湘北、、、藤真さんや伊藤さんの代は湘北に敗れていった」




副キャプテンで新エースの中村

「もう湘北には負けるわけにはいかない」



2年生の中ではリーダー格の阿部

「同級生の天崎・荒石にはキャリアではだいぶリードされた感じだ」



今年からレギュラーを掴み2年生の中では堅実派の今野

「湘北のあの爆発的なオフェンスを俺が止めてやる!!」



同じく2年生でレギュラー、スピードに定評のある石川

「俺のスピードで湘北を掻き乱してやる!!!」





翔陽一同「勝つ!!!!!」







来週、両雄決戦!!!



続く
  

2017年09月23日

スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(833話)

『決勝リーグへと』





インターハイ・神奈川予選


神奈川は公立・私立共にバスケットボール部がある学校が多く参加し

レギュレーションは、例年と同じでA・B・C・Dと4つのブロックに分かれ、それぞれに勝ち上がった1位が決勝リーグに進み、4チーム総当りで順位を決める、そしてその上位2チームが晴れてインターハイへと進む事が出来る





現在は、各地で三回戦まで行われ、ここまでは新戦力が台頭するなど波乱もほとんどない展開で進捗している




そして、今年の神奈川県の注目点と順位予想は



""湘北は確実""


""海南の王者奪還はあるのか""


""戦略ダウンした陵南や翔陽にもチャンスはあるか""


""そして全国で神奈川勢はどこまで勝ち上がれるのか""



専らこの辺りがトピックとなっている




相田弥生「本当に神奈川の勢力図は変わったわね………」


中村「昨年は海南の全国連続出場が途切れましたからね………」


弥生「桜木・流川の両逸材が最終学年、湘北の注目度はかなり高いわ」


中村「相田さんは弟さんの陵南もどこまでコマを進めるか気になりますよね???」


弥生、キッパリ「中村君、私達は公平に取材する立場なのよ………陵南を贔屓するつもりはないわ」(でも彦一、頑張りよ、応援しとるで)







そして、第1シードの湘北がいるAブロック・4回戦は、予想通り!!!


三浦台と武園が勝ち上がってき、湘北への挑戦権を懸けた試合が行われていた



湘北メンバーもこの試合の観戦に訪れ、観客席を陣取っている




周囲はザワついている


「優勝候補の湘北だ!!!」


「キャプテン・流川だ!!!」


「赤頭でリバウンド王の桜木だ!!!」


「しかも今年は全中MVPの須形も入ったらしい!!!」




湘北メンバーのほぼ真ん中で腕を組んでいる桜木「ふんっ!!!」



そこから少し離れた席で流川は眠たそうにしている、コクッコクッ………



隣の桑田は呆れ顔(キャプテンになってもこれは変わらないのか??!)



石井「それにしても、うちはスゴい注目度だな」


佐々岡「周りがザワザワしているのがわかる」


荒石「確実に"お前らに"じゃねーぞ石井・佐々岡」


石井・佐々岡、しーんとなる !!!




話を戻す天崎「今日はテレビは来てないのかな?」


桜木、反応する「テレビ??」



流石に、地区予選の序盤ではテレビは来ず



桜木「つまらん!!!」





そしてラスト1分で試合スコアは


三浦台68
武園76


天崎「これは決まったかな???」


荒石「これに、俺らの武蔵カップの三浦台戦を照らし合わせてと………???」



桜木「ふんっ!!!」



流川「Zzz………」




桑田(本当に寝てしまった)




三浦台メンバーも悔しそうに試合が終わる


三浦台・大久保「クソッ!!!」


審判『ピッピーーーー試合終了!!!』


最終スコアは

三浦台70
武園77



武園のキャプテンは小田「ふぅ何とかここまで勝ち上がれたぜ………」


※武園高校と小田はこちらを参照
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%AF_(1994%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%98%A0%E7%94%BB)






桜木「小田君、はて???」










そして、翌日


湘北の今大会緒戦、所謂ベスト4進出を懸けたこの試合!!!






勝負は圧倒的だった





ラスト1分で

湘北98
武園49


『バスケ部の小田君』もスラムダンク1話で『その小田君の事が好きなため桜木をフった"あの"葉子』も完敗を認め、引退を迎える


二人とも涙を流し


小田「あの桜木がここまでに………」


葉子「あの桜木君が………本当におめでとう………」



桜木は意に介していない「バスケットが好きだから!!!」(晴子さんも………)



そして試合終了

最終スコア

湘北103
武園49

桜木は30得点18リバウンドの大活躍で勝利に貢献




湘北は危なげなく決勝リーグ(ベスト4)にコマを進めた


「決勝リーグだぁぁぁぁ!!!!!」


メンバーが喜び、湘北は決勝リーグへと



続く  

2017年09月17日

スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(832話)

『県予選まで』





五月初旬、拓翼大学・バスケットボール部


そこには、二年生にして早くも名門大学のスタメンに昇格した三井寿がいた


ザシュッ、ザシュッ、ザシュッ


シュート練習はほぼ100%の確率




そして、その横


ザシュッ、ザシュッ、ザシュッ


もう一人の男も、ほぼ100%の確率でシュートを決める



その男は、福島・白松高校出身で大エースだった渡邊拓也である




渡邊が三井に声をかける

渡邊「三井さん、今年の湘北はかなりいいんじゃないですか?!」


三井「ああ、俺もその噂は聞いた、まぁこのスーパースター・三井寿がいないのは欠点だがな」



渡邊「去年国体で当たったんですが、流川楓にはボロボロにやられました」



三井「お前でもか、、、あいつはクソ生意気で無愛想だが、実力だけはある、この三井寿の次に」



渡邊「去年は3位、今年は全国制覇を目標に掲げてるようです」



三井「ああ、あいつらならきっとやれる」(頑張れよ、流川・桜木、、、全国制覇で安西先生を胴上げしてあげてくれ)









ザシュッ、ザシュッ、ザシュッ

湘北高校では、流川がシュートを全く外さない













一方、明利大学・バスケットボール部


宮城「ウリャーーーーー!!!!!!」



ザシュッ!!!!!




部員たち「オォォォォーーーーー!!!!!」



部員たち「またアイツだ、湘北のキャプテンだった宮城!!!!」



木暮「気合い十分だな、宮城は………」



赤木「ふん、まだまだだわい」



花形「いや、正直めちゃくちゃいいガードだよ、宮城は………一軍入りも間もなく果たすだろう………」



木暮「湘北の後輩たちが活躍中と聞いて自分も負けてられないと更に気合いが入ってるんだよ」



赤木「木暮、そういうお前も湘北の先輩だろが!!!!気合い入れろ!!!」



当の宮城(花道、今年のお前らは全国制覇が至上命題なんだ、応援してるぞ、、そして絶対俺も大学でNo.1ガードになってやるからな!!!)


赤木・木暮・宮城(頑張れよ、流川・(桜木)花道!!!)



宮城「ウリャーーーーー!!!!!!」更にジャンプショットを決める!!!



部員たち「オオオオーーーーー!!!!!」















湘北高校・体育館


桜木「ウリャーーーーー!!!!!!」

バスッ!!!!


桜木が気合いの入ったプレイを見せる


桜木「フンッ!!!!」


荒石のシュートをブロック


荒石「クソッ!!!!」




そして、桜木「おらっ、夏予選まで後ちょっとだ!!!気合い入れろ!!!」





しかし、次のプレイ


バシッ!!!!!


桜木のシュートを流川がブロック!!!!


桜木「ハッ????」


流川「フンッ、気合い入れろ、どあほう」







桜木「な、な、な、生意気なぁーーーー!!!!!!」





湘北のメンバーは武蔵カップで見えた各々の課題と、全国の強豪との戦いを見据え練習に励む



荒石(ある程度は高松とも勝負出来た、次は海南の一ノ瀬と対決だ、そしてまだまだ全国のインサイドはあんなもんじゃねぇ)


天崎(伊達健太には借りがある、樽瀬も2番にコンバートされたと聞いた、もっともっとプレイの質をあげなければ………)


須形(試合中に流川さんに注意された事を思い出し、引き続きウェイトトレーニングとPGの勉強だ)



他メンバー(いつ試合に出てもチームに貢献出来るプレイヤーになる!!!!)



桜木「打倒ヤマオー!!!打倒メーホー!!!全国制覇!!!」


流川(日本一の高校生!!!)






安西「集合~」


流川「集合~」



湘北の面々が集まる



安西「いよいよ来週から夏予選が始まります」


桑田「うちは、シードだから更に10日後ぐらいにベスト8スタートだが………」


石井「遂にうちも第1シードだもんな、凄い!!!」


佐々岡「どこが上がってくるんだろう???また三浦台か武園あたりか???」


※三浦台はあれだけ避けていたのに湘北と同じブロックに入っていた



三浦台・大久保(最悪だ………)






桜木「どこが上がってきても関係ない!!!」




晴子「そ、そんな、、、油断はダメよ」






安西「いえ、桜木君の言う通りです、、、湘北は全国制覇を目指すチーム、、、全国の決勝で勝つその時までどこが来ても"負けること"は許されません」



一同、ゴクリッ



流川「遅かれ早かれ全部蹴散らす」


桜木「ダンコたる決意だ」




天崎、ニコリッ「あれやっときますか??」



流川、頷く




そして











「俺たちは強い!!!!!!!!!」






安西「よろしい」


県予選までまもなく………



続く  

2017年09月10日

スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(831話)

『新たな戦力』





2日で6試合の強行スケジュールの中、湘北は武蔵カップを全勝優勝で制覇した!!!


そして、各校各選手が新たな課題や想いを胸にする



三浦台・大久保(湘北の強さは圧倒的だった、、、悔しいが夏予選は決勝トーナメントまで湘北のブロックに入らない事を祈る)



東桜・城島(ホンマ神奈川違って良かったわ、、、またいずれ湘北とやる時の対策しやなあかんわ)



常誠・丸尾(ズバリ湘北は強かったでしょう、、、全国大会でベスト4に入るには越えなければいけない相手でしょう)



津久武・南郷(あんな3Pも決めれん素人・桜木に負けた、、、いやしかし、次も晴子ちゃんを賭けてリベンジだ!!!)



浦安商業・鵜澤(今回である程度全国のインサイドのレベルがわかった、俺も早く追いつかなくては)



陵南・彦一(くそっ、湘北は予想以上に強かったで、、、夏予選までにみっちりと練習しやな)






湘北メンバーも、浮かれることなく、出来た事とそうでなかった事を自己分析し、更にストイックに目標を掲げる


その様子を見た安西もニコリッ



そして、安西「桜木君、今年のうちの目標は何ですか?」問う




桜木、即答「おうよ、オヤジ!!全国制覇だ!!!!」



安西「よろしい」




湘北メンバーは更に気が引き締まる













一方ほぼ同時期に、湘北メンバー曰く"名誉ある大会"と位置付ける『山王カップ』が、 山王工業高校ホストの下、秋田県内の体育館で行われていた



参加チームは、東北と北関東の強豪5校と、神奈川から海南大附属高校、福岡から博多商大附属高校が招待されていた




優勝(全勝)は、下馬評通り山王工業………

今年は、昨年のスタメン五人がそのまま残り学年を一つ上げ、山王史上最強と言われた深津世代と争えるのでは?とまで言われている


山王キャプテンの畑山は、持ち前の明るい性格でチームをまとめ、いぶし銀のガードとして攻守ともに舵を取る


センター・河田美紀男も最終学年となりプレイ面は勿論、メンタルもかなり成長している、この大会でもインサイドを圧倒、平均得点は20点を超える


PF・若月は"日本一の走れるビッグマン"の愛称通り、縦横無尽にランニングしては、全勝に貢献、走れるビッグマンが多数の湘北と、再戦を楽しみにしている


シューター・菊地は、山王のエース・スコアラー!!!3Pの精度も更に上がり、この大会で一人で12本のスリーを決めた試合もあった


そして、既に高校バスケ界のスーパースター・樽瀬俊輔、、、今年は主に2番を任され、得点を量産!!!



そして、昨年冬に高校で初黒星を喫した愛知・名朋工業にリベンジを誓う


樽瀬「もうどこにも負けるわけにはいかない!!!」








神奈川から唯一呼ばれた海南大附属だが、結果は二敗を喫し3位で幕を閉じた


その相手は山王工業と宮城・笹岡である




キャプテン・清田「クソッ、何なんだ??あの笹岡のルーキー二人は??」




その視線の先には、山王には破れたものの、大健闘の準優勝を果たした宮城・笹岡
そして、二人のルーキーがセンセーションを巻き起こしていた




海南・高頭「野比と夏嶋だ!!!!」



高頭は、笹岡戦、ストレスで扇子を何本も折っていたのである




身長2メートルちょうどの野比には3Pを含め一人で40点を決められた

「あんな外から決めてくる2メートルは今までの高校バスケでは初めてだ!!!」




夏嶋は、この大会のアシスト王、そして自らも野比に次ぐ得点源となっている

「切り込んでは絶妙なアシスト、スリーポイントもここぞとばかりに射抜く!!!」









全国の各校が、新たな戦力を披露しつつ、夏予選を迎える



続く  

2017年09月04日

スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(830話)

『合格』





武蔵カップ・最終戦


湘北VS陵南は第4クォーター中盤



試合は湘北の作戦、1-4のセットとオールコートマンツーが見事にハマり、勝負はほぼ決していた


陵南は、湘北のオールコートマンツーマンに彦一がかかったため、PGは宮野に戻されていた



ベンチに戻った彦一「くそぅ、くそっくそっくそぅ」感情を押し殺せないでいる




湘北は、ようやくベンチプレーヤーを投入し始める



湘北のコートプレーヤーは桑田・野茂・須形・与田・荒石



スタメンでは須形と荒石が残った状態



晴子「先生、このメンバーの意図は?」





安西「ふむっ、一つは"あれ"です」




一同コート上を見る




荒石「ふんがぁーーーー!!!!!!!」


高松「クソッ!!!!」



荒石が高松のゴール下シュートをブロックしたところだった!!!


湘北ベンチ、沸く!!!!


「高松を止めたぁ~!!!!!!」




再び一同は安西の話を聞き入る



安西は嬉しそうに「当初の計画通り、荒石君は高松君との決着をつける必要がありました、、、しかしどうやら"合格"のようですね………」ニコリッ




一同「おおおお~合格出たぁ!!!!」






安西「そして、もう一つは、スタミナの問題ですね、、、荒石君はこういうパワー勝負の時に体力を消耗させられバテる傾向があった、、、そして須形君も高校での40分フル出場はまだ経験していない(※中学は32分)、この二人は最後まで使い続けます」



晴子「なるほど、、、」



桜木「オヤジ、もう一人体力ねーやつがいるんじゃないか?!!ヒヒヒッ」しめしめと笑う



流川、仏頂面(昔の事を………無視無視………)


(流川は、1年時の海南戦で倒れて以来、体力面での強化も既になされている)






コート上の荒石・須形もその意を汲んだ様子






須形、終盤にも関わらず、ガンガン攻めてはシュートを決める!!!!


ザシュ!!!!


「ナイッシューーーー!!!!」


天崎「元々、フォワード出身なだけあって3番でも伸び伸びプレイしてるな………」






一方の荒石も

「グギギギギギギ!!!!」

またもや高松のパワーアタックに堪える



「おーーー!!!試合終盤でも足腰が崩れていない」




安西、キラリッ「ふむっ体力面も合格のようですね………」





陵南は時々高橋や外川の個人技で得点を返すが、点差は詰まらず







そして、
「10~」


「9~」


湘北のカウントダウンが始まる



陵南メンバーも負けを受け入れた様子



田岡、クシャッとうなだれる「出直しだわい……」



彦一「クソッ、夏予選まで後1ヶ月、何とかして追いつかな………」



「3~」





「2~」





「1~」



湘北ベンチは今か今かと待ち






『ビッビーーーーーー!!!!!試合終了ーーーー!!!』




そして一斉にコートに雪崩れ込む!!!!!

「優勝だぁ!!!!!!!!!」


湘北、歓喜!!!!!!






掲げたミッションをほとんどクリアし大満足の武蔵カップ・全勝優勝!!!!


流川、ホッとした様子


他メンバーは騒ぎ続ける







湘北vs陵南・最終スコア

湘北90
陵南63



続く  

2017年09月03日

スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(829話)

『大当たり』





「"あの湘北"がセットだと????」


「戦術理解度の高い荒石はわかるが、"あの桜木"も加えたセット!!!」


「しかも1-4!!!!」



湘北ベンチはしてやったり、、、陵南メンバーと周囲のギャラリーたちは驚きを隠せない


陵南・田岡「今までの湘北は素人が多かったせいもあるが、ほとんど個人の身体能力に頼っていたチームだった、、、しかし、先ほどの浦安商業戦でのゾーンもそうだったが、桜木や荒石が高学年となった今、組織でも戦えるようになっている」





彦一「くそっ、一本や一本!!」





そして、会場がどよめきに包まれている間に





天崎「当たれーーー!!!!!!!!」



須形「おう!!!!!!」






彦一「?????」




彦一がボール運びをしようとした瞬間、須形がタイトなディフェンス!!!!



キュッ、キュッ!!!!




彦一「くっ!!!」



彦一、ほとんど前へ進めない



湘北ベンチ「ナイスディフェンス」




彦一、パスの相手を探すが、、、




一番近くの高橋も、天崎のフェイスガードを振り切れない!!!




高橋(何だ???こいつの脚力は!!!!!)



天崎(ニヤリッ)



湘北ベンチ、沸く「出たぁ!!!!天崎の"すっぽんディフェンス"!!!」





そして




『ピッピーーーー、8秒オーバータイム』
※オフェンス時にハーフコートまで8秒でボールを運ばないといけない




湘北「よっしゃーーーー!!!!!いきなり8秒!!!!」



観客「わぁーーーーー!!!!次はオールコートマンツーで8秒取りやがった!!!」






荒石「おいおい、何もそこまでしなくてもいいんだぞ!!!」憎まれ口で味方を讃える






次の湘北の攻撃、またもや1-4のセット


須形「5番!!!」



陵南メンバー、湘北の複雑な動きに戸惑う





そして湘北、次のフィニッシュも超ビックプレー!!!!!



須形、ヒョイ!!!!



観客「?????」



瞬間、










ドカァァァァァァ!!!!!!!





観客「?????」





観客も一瞬、何が起きたかわからない状態







リングには、流川がワンハンドでぶら下がっている





観客、ようやく理解





「ワァァァァァ!!!!!」


「アリウープ!!!!!!!」



「流川のスーパープレーきたーーーー!!!!!」



「しかも桜木と連続ダンク!!!!!」



須形から1-4のセットで空いたスペースに飛び込んだ流川へのパスだった





湘北ベンチ、騒ぐ!!!!

「いいぞいいぞ須形!!!!いいぞいいぞ流川!!!!」



陵南ベンチは、茫然



その瞬間に湘北は再度オールコートマンツーマン!!!





陵南、次は何とかパス交換でハーフコートまで運ぶが、湘北全員のタイトなディフェンスに慌ててしまい連係ミス、ターンオーバー!!!





湘北は、次も1-4から流川がミドルシュートを決める





湘北はハーフコート時の流川のこの2つの作戦が大当たりし、このままの勢いで第3クォーターで、陵南を大きく突き放した



『ビーーーーー!!!』



第3クォーター終了


湘北68
陵南36



続く  

2017年08月31日

スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(828話)

『セット・オフェンス』





武蔵カップ・最終戦


湘北VS陵南のハーフタイム



第1クォーターは湘北優勢で進めていたが、第2クォーター途中、陵南はキャプテン・彦一の投入で何とか食い下がったという試合展開




湘北ベンチ

桜木「クソッ、彦一のヤロー」


天崎「スローなペースにイライラしてしまう」


荒石「閉塞感ってか"試合が重い"ってやつか………」


須形「このままで勝てないわけじゃないんでしょうが、安西先生の言う苦手意識はこちらに植え付けられてしまう」




武蔵カップの課題である『様々な弱点を克服して、尚且つ優勝』


今までの五試合は3P対決やゾーン、控えメンバーの底上げなどいくつかのミッションをクリアしてきた湘北だが、この試合は相手のスローペースにイニシアチブを奪われている状態





そんな時、口を開いたのは




「このままダラダラ向こうのペースにハマるわけにはいかねぇ」







キャプテン・流川






一同、聞き入れ、流川が続ける





「こっちがいくつか仕掛ける!!!」






一同、困惑



(例えば何だ?)







流川「1-4(ワンフォー)で攻める」




桜木「ワンフォー????」


荒石「バカ、練習で何回もやってるじゃねぇか!!」


※1-4の解説はこちら↓↓
http://five-spirits.com/1-4-quick/




湘北メンバー「うちがセットって事か………?!」



流川「相手のインサイドを引き出す………」



天崎「なるほど、、、相手のインサイド二人(高松・菅平)は1-4の高いポジションに対応しにくいはず………」



荒石、ニヤリッ「俺らが掻き乱せと………???」





須形「オッケーです、そこから練習でやってた何パターンかに持っていきます!!!」


一同「おう!!!!」




桜木、自信無さ気、、、








続けて流川は、「ディフェンスはフルコートでプレッシャーをかける、ただ挟まなくていい、一人で取れたらそのまま決めてこい」


湘北メンバー(ゾーンプレスではなくフルコートマンツー、、、)



ガードの天崎・須形「うぃす!!!!」





桑田「オフェンスは相手のインサイドを撹乱させる速いセット、ディフェンスでもプレッシャーをかけてテンポを変える作戦、、、」


石井「プレスだと見境なしに走り合いになっちゃうもんな、まだ勝ってるしそんな博打をやる必要もなしと………」



佐々岡「むちゃくちゃ的確な作戦だ!!!」



桑田・石井・佐々岡「ただ、桜木が理解しているかどうか………」と、桜木の顔色を伺う、チラッ



桜木はブツブツと悩んでいる「はて、ワンフォーワンフォーはと………???」





そこへ安西「ホッホッホッ、桜木君、リラックス、リラックス~練習でかなりやりましたよ~すぐ思い出します、では、後半は流川君の作戦で行きましょう、レッツゴー」



桜木「おっおうよ………」





そして、ハーフタイム開け、両軍コートメンバーが位置に着く


湘北は未だスタメンから変更なし


陵南は彦一をメンバーに出したまま





スロワーの天崎が須形に渡した時点で後半スタート!!!!!!

『ビッ!!!』





すると開口一番、須形「3番!!!!」




陵南メンバー(湘北がセット?????)





その瞬間、湘北の残り四人は、ハイポストより高い位置から一斉に動き出す!!!!



不安気だった桜木「ハッ???!これは!!!!!!?」


直ぐに身体が反応!!!!




そして、桜木も加えた湘北の目まぐるしい動きに、陵南は全てのディフェンスが後手後手になり





3ポイントコーナーに切れた流川にボールが渡りシュートの構え




外川、遅れながらも必死にブロックに跳ぶ





が、その瞬間に









シュッ!!!









インサイドに切れ込んできた桜木にパス!!!!




桜木「ナイスパーーース!!!!」



流川も小さくガッツポーズ「ヨシッ!!!」





桜木、そのままワンツーステップで高くジャンプ!!!!!!


マークマンの菅平は桜木よりも後ろ、完全に遅れている






そして、、、







ドカァァァァァ!!!!!








ワンハンドダンク炸裂!!!!!!!!!




湘北、後半の初めの得点は、1-4のセットから桜木のスラムダンク!!!!!




会場、爆発!!!!!!!!
「ワァァァァァ!!!!!」


「いきなりダンクだ!!!!!」


「見事なセットだぁぁぁ!!!!!」





ダンクを決めた桜木「おっしゃーーーー!!!!!」


作戦がハマった流川もウンウンと納得行った様子、




が、桜木・流川「ハッ??!!」


桜木は(ナイスパス)と叫んだ事に後悔


流川は桜木の絶妙な動きにガッツポーズをした事を後悔


桜木・流川「フンッ!!!!」




意地っ張りな二人、汗





いずれにせよ、湘北、作戦が決まり最高の形で後半戦スタート!!!



続く  

2017年08月26日

スラムダンクの続きの誤字脱字訂正

M脇先生からの指摘で


名朋工業が明朋工業になってるよと、、、



直ぐに訂正をしました、、、



誤字脱字、ホンマ言ってくださいね、ありがたや  

2017年08月18日

スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(827話)

『仙道の意思を受け継ぐ者』





荒石と高松の攻防は続く


荒石「よーし、今のは完全に止めたぞ!!」


高松「クソッ!!!」





高松、自ら外したシュートをオフェンス・リバウンドで取り、ゴール下を決める


高松「どうだ!!!リバウンドも勝負だ!!!」


荒石「クソッ、調子に乗りやがって」









しかし湘北、他のポジションでは地力の差を見せつけイニシアチブをどんどんと掴んでいく



攻撃では須形、天崎、流川が順番にジャンプショットを決め点差を広げていく


湘北22
陵南14



観客「もしかしたら湘北のバックコート三人は全国一じゃないか???」


「日本一のバックコート陣!!!!!!」また異名が出来る


フロントコート・桜木「あーうるさい!!いちいち騒ぐんじゃねぇ…………」



そして、湘北、第1クォーター最後の攻撃も須形がスリーポイント


ザシュ!!!


湘北25
陵南14


『ビー!!!』ブザーが鳴る


「また湘北100点ペースか…………」




「最後は須形………第1クォーターは流川より点取ったんじゃないか??!」


「正確無比なプレイヤーだ」


「何か元・湘北で拓翼大学の三井がPGやってる感じだよな」


「なるほど………」











第2クォーターも同じ様な展開で試合が進む



陵南のバックコート陣も抵抗するが、湘北の方が一枚上手………





観客「陵南のメンバーも全員実力者だぞ?!!」


「ああ、あのメンバーでも全国でかなりやれるレベルなはずだが………」


「湘北がその上を行く"化け物級"の集まりだ!!!」


東桜、常誠、浦安商業メンバー「とにかく神奈川は強い…………」汗












プルプルプルプル
田岡、かなりイラついている「ぐっ!!!」



そして、「彦一!!!!!」


彦一「はい!!!!」(横やからそんなに大きな声出さんでも)





田岡「アップしとけ!!!お前がペース変えてこい」




彦一「はい!!!」






そして『メンバーチェンジ白#8out、白#4in』


宮野と(相田)彦一のポインドガードの交代




相変わらず知名度半分


「おい、あのうるさい関西弁が出るぞ!!!」


「マネージャーかと思ってたのに………」


「おっ、やっと出てきた!!!キャプテン!!!」


「何??キャプテンだと???」


「どんな選手なんだ?」


「去年は少し出てましたよね?!」





桜木、余裕の表情「へへへッ、彦一、出てきやがったな」









彦一は険しい表情「見とれよ、湘北………ワイは…ワイは……」そう呟き出す







そしてボール運びから手をあげ「1番」




須形(セットプレイ?)



シュッ!!


ハイポストの菅平にボールが渡る





その瞬間、彦一、目を見開き、クワッ!!!!!」









背番号4番が神々しく輝く「ワイは、仙道さんの意思を受け継ぐ者なんやーーーーーー!!!!!」こう叫んだ



桜木・流川「センドー(仙道)!!!???」一瞬反応して





彦一、瞬間ボールを手渡しで受け取りに行く





桜木、彦一のその動きに反応


サッ!!!


しかし、菅平は彦一を無視


観客「無視?????」







そのカットを囮とし



彦一の切れた方向と逆にドリブル



桜木、彦一に吊られ菅平に抜かれる「あっ!!!!」






そして次に、ヘルプに行こうとした流川も、ガシッ!!!!!!


流川「チッ!!!!」




切れた彦一がスクリーン(ブロック)!!!!


「ナイス!!!!」




菅平、もう一人のヘルプの荒石が出た瞬間、シュッ!!!!


流川が抑えるべきだった外川にパス!!!



外川、レイアップを決める!!!!


ザシュ!!!



湘北30
陵南16



「陵南の久々の得点だ!!!!」


「いいぞ!!!キャプテン!!!」


彦一、鼻を人差し指で擦る「へへッ」



「今の"無視"はセットか菅平のアドリブかー???」


彦一ツッコミ「セットやセット!!!!!」



その真相は闇の中だが、、、



この得点をきっかけに、流れが変わる



彦一「2番!!!」



彦一「3番!!!」



湘北は、トランジションの速い展開を望むものの、陵南の徹底したセットオフェンスにペースを乱される



須形(ペースが遅い)


荒石(毎回セットかよ)


天崎(走りたいのによ………)



陵南・田岡「フフッ、点差は縮まりにくいが、空気的に湘北ペースと言うわけではなくなったぞ、困った時に自分たちのパターンをこなせば気持ちを冷静に戻す事も出来る」


湘北・安西「それだけ、セットオフェンスには意味がある……」




交代させられた宮野、田岡に質問「何で俺じゃダメだったんだ………?」



田岡「お前が彦一より劣ってるという意味ではない、スピードもパワーもお前の方がある、ただ、湘北へ違うペースでやるという意思表示が必要だったんだ、いわゆる一種の"すりこみ"みたいなもんだ……そのための交代だ」


宮野「チッ…なるほどな」悔しさと納得








そして、、、ザシュ!!!






フォロースルーの構えは彦一!!!



観客「わぁぁぁー!!!遂にあいつが決めた!!!!!」



彦一「ヘヘヘッどうや?!」


最後に、彦一のスリーポイントも決まり


第2クォーターを終える

湘北40
陵南29



第2クォーターだけの得点で言えば15:15の同点


湘北の100点ペースも失速




観客、ザワついている「何気にあのキャプテン、良いプレーヤーじゃないか???」

「あぁ、黒子の動きからスリー、ムードメーカーまで見事だった………」

「仙道の意思を受け継ぐ者か…………」








さて、後半は湘北が再度ペースを握るか、このまま陵南の追い上げがあるか大注目!!!



続く  

2017年08月15日

スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(826話)

『攻防戦(荒石VS高松)』





「何か荒石と天崎がスゴいぞ!!!」


「"頭脳の荒石"、"スピードの天崎"と言った所か???」







田岡・彦一、繰り返す

「二人とも1年生からスタメン、国体も含めると既に全国を三回も経験しとる、、、恐ろしい実績だわい」


「更に2年生になって、責任感や安定感が加わったちゅう事か………」










次の陵南の攻撃


宮野、少しペースを落としゲームを作る



「一本、一本!!!」




ボールはローポストの高松へ


マークマンは荒石



会場「マンツーなら、パワータイプの高松に桜木、技巧派の菅平に荒石のほうが良いんじゃないのか?」




そして高松、得意のパワーアタックで攻める



荒石、よろめく「クソッ!!!」




バスッ!!!


高松、そのままゴール下を決める



湘北8
陵南4




会場「やっぱり指示ミスじゃないのか???」





しかし、湘北ベンチは動じない



会場「何故 ????」








~試合前の作戦会議の回想~


「高松と菅平のマークは逆にするか?」



安西、食い気味で「そのままで行きましょう!!!」



湘北一同「?????」






安西
「確かにマークマンは逆の方が効率は良いのかもしれない、、、しかしうちは何度も言いますが全国制覇を目指すチームです、、全ての苦手意識を払拭しなくてはいけない、、、
もしかすると全国の強豪でパワー型のセンター二人のチームと対戦するかもしれない…………逆に技術型が二人かもしれない…………どうしますか?荒石君?下柳君と交代しますか?」








荒石、納得、、、そして応える「いや、パワーでも高松に勝つ!!!」



安西、ニコリッ「いいでしょう………」






続けて安西「ホッホッホッ、その上で全勝ですよ………」


安西はこの武蔵カップの目標は一貫してこう決めている

『弱点を克服(調整)しながら優勝』




一見、贅沢な目標だが、安西は今年の湘北のレベルなら妥当だと考えているようだ


桑田(今年の安西先生は気合いがスゴい)


石井(全国制覇を常に意識させてくれる)


佐々岡(まさに勝負師・安西)






晴子「最終戦、あれやっときましょう?!」




桜木「オーケー!!晴子さん」



流川も、頷く




そして湘北メンバー




「俺たちは強い!!!!!!!」



~回想シーン終了~








荒石(俺が試合中に高松のパワーに対応する)






次の湘北の攻撃は、須形の個人技でジャンプショットを決める


湘北10
陵南4

「オッケー、ナイッシュー!!!」






陵南、次の攻撃も高松



荒石、腰をグッと低くしてパワーアタックに備える



高松(ん?さっきより重くなった???)



高松、ドリブルを突きながら更に背中で押す(どうだ?!!)


ググググ

荒石「フンヌーーーーーーーー!!!!グギギギ!!!」







高松(ダメだ、クソッ)




3秒ギリギリで、一番近い高橋にボールを渡し高松は一旦フリースローラインの外へ出る



湘北ベンチ「よし、一回止めた!!!!」




しかし高松、また面を取り「くれっ!!!!」ボールを要求



荒石、また全体重で押し返す

「フンヌーーーーー!!!!」





を高松、くるりっ




今度は荒石よりゴール側へ回りボールを要求



荒石は体重を前にかけていたので、まさに肩透かし、そのまま前へ出てしまう



「おっとっとっと」




その瞬間に、高松に高いパスが通り、そのままシュート

バスッ!!!!


湘北10
陵南6



陵南ベンチ沸く!!!!
「おっしゃーーー!!!!高松、ナイッシュー!!!!」




透かしを食らった高松

「クソッこざかしいマネを、、、」




田岡「荒石、舐めてもらっちゃ困るぞ!!高松も俺が厳選した国体選手だぞ、そしてあいつは生粋のセンターだ、まだ素人そこそこのヤツには負けん!!!」(おっと、素人に油断してはいかんかったがな………!!!?)




彦一「海南の一ノ瀬君も入れての同学年センター決戦やな」







高松「荒石、お前にはまだ負けん!!!」



荒石、ニヤリッ「おもしれー!!!!次は完全に止めてやる!!!」



2年生センターで去年の国体選手同士、勝負は白熱する!!!!



続く  

2017年08月11日

スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(825話)

『攻防戦(荒石、天崎そして荒石)』





武蔵カップ最終戦
湘北VS陵南の全勝対決は




桜木の豪快なダンクによって幕が上がった


湘北2
陵南0



桜木「どうだーーーー?!!!!陵南!!!!」



流川「ふんっ、エラソーに」






観客

「いや、確かに凄かったぞ、今のダンクは!!!まるで明利の赤木だ!!!」


「それより、両チームトランジションが速すぎる!!!」







それは、次の陵南の攻撃にも表れていた



宮野「おらっ、走るぞ!!!!!」


高橋・外川・菅平・高松「おぅ!!!!」







昨年の宮城体制の最速軍団の面々


桜木「ほう???」



天崎「うちと走り合いやるのか???」



荒石「上等だぜ!!!!」



流川「フンッ」









ボールは、高橋のドライブからエース・外川!!!



外川もすぐさまドライブ!!!!



観客「速い!!!」






が、流川、並走





外川(クッ、流川楓、ディフェンスも一流かよ?!!!)




外川が止まりかけた所、今度は交差するようにPG宮野がボールを受け取り、そのままフェイダウェイ気味のジャンプショット!!!




須形、必死に着いていくが、ギリギリブロックも届かず


須形(クソッ!!!!)





ザシュ!!!!




ボールはリングをくぐる!!!!

湘北2
陵南2



陵南ベンチ「よっしゃーーーー!!!!!宮野!!!!!」





観客「上手い!!!速い!!!!」





田岡「そうだ!!!それでいい!!!」


田岡続けて「今年の陵南に仙道はいない、、、しかしバックコート三人の速い展開と高松・菅平のインサイドの安定感は抜群だ!!これからのチーム作りによっては去年を超える事だって出来る!!!」




彦一、ボソリッ「監督、ビデオに声入りまっせ………」









続く湘北


自分のマークマンの宮野に決められた須形が、流川に「行っていいっすか?」と確認




流川、クールに返す「負けず嫌いが……………好きにしろ、行くぞ!!!」






須形、ニコリと笑い、叫ぶ!!!

「走れーーーーー!!!!!」




走るのが好きな面々

桜木・天崎・荒石「そうこなくっちゃ!!!!!」





ボールと人が、目まぐるしく動く


ボールは、 ハイポストの荒石からゴール下へ走りこんだ天崎へ!!!


しかも頭の上からノールックパス!!!!




「バックドア!!!」



「上手ぁぁい!!!!!!」






すると天崎、ボールを持ち二歩ステップ、ゴール裏を横切る瞬間




次にゴール下に走りこんできた流川へパス!!!




「これも上手い!!!!!!」






流川は、ど真ん中から豪快にワンハンドダンク!!!!



ドカァァァァァァァ!!!!!







湘北、二本目の得点は流川のダンク!!!!



「わぁぁぁぁぁ!!!!なんじゃーーーー?!!!!」



「湘北、ダンク二連発!!!!」



「スーパーエース・流川!!!!!」



「いや、その前の荒石と天崎のナイスパスだ!!!!」








彦一、驚きを隠せない「スゴい機動力と連携や、、、全国を経験したスタメンが四人残ってる、、、ホンマ今年の湘北はスゴすぎるわ………」



田岡、今回は、(先ほどのビデオのくだりもあり怒れず)同調する
「確かに天崎と荒石もルーキーの時からだいぶ成長しとる、、、それに、この速い展開も慣れっこと言ったところか、、、末恐ろしいチームだわい」




湘北4
陵南2




しかし陵南もペースを落とさない



宮野のドライブ


須形、着いていくが、やり辛そうにする(ガツガツ来るPGだな………)



宮野、ジャンプパスで外川に合わせる




外川、流川が着いているにも関わらず、強引にレイアップ!!!



を、ヒョイ!!!!!

外川「ニヤリッ」





観客「ダブルクラッチ???」















を、バシィィィィ!!!!!!!



外川「何????」









ブロックしたのは、桜木!!!!!


「甘いわ!!!!」




湘北ベンチ騒ぐ「ハエたたき2!!!!」





そして、湘北の逆襲!!!!




ボールを拾った荒石






先頭の天崎にワンハンドパス!!!ブン!!!!



天崎、楽々レイアップ!!!


ザシュ!!!!



天崎「よっしゃ!!!!最速男・天崎!!!!」




湘北メンバー「自分で言うなよ!!!」


ツッコミがありつつも湘北ベンチは沸く


(確かに今、全国で一番速い男かも!!?)







陵南ベンチ

田岡「いや、速さもそうだが、チームとして速攻への自信、馴れ、バリエーションの多さを感じる………」



彦一「うちも今年もええメンバーでやれてるつもりだが、仙道さんらと総入れ替えのチーム、経験の差はやはりあるんか?!!くそぅ!!」










次の攻撃も陵南は、速い展開、、、ハイポストの菅平に渡ったボールを高橋が手渡しで受け、そのままゴール下へ



天崎、着いていく




高橋、ジャンプショット!!!


を、チッ!!!!!



天崎「オッケー、捕らえた!!!」




天崎の指先に当たったボールは高く飛び跳ね、大男たちが一斉に跳ぶ!!!










ルーズボール(リバウンド)は!!!!









チョン…………






桜木、そして周りの誰もが「?????」






ボールは、サイドにいた須形に!!!!










須形、いち早く走った流川に大きくパス!!!




流川、レイアップ!!!



ザシュ!!!!



湘北またもや速攻が決まる!!!


湘北8
陵南2


「ナイッシュー!!!!」




その瞬間、桜木は決まったゴールの方より、横にいる荒石を見ていた




荒石は不敵な笑み、そして桜木の視線に気付く
荒石「ん?」



会場、遅れて爆発!!!!



「ウワーーー!!!!!!!荒石のチップアウトだぁ!!!!!!」












そして桜木、口を開く

桜木「テメーいつの間にそんな技を…………???」




荒石「ん?去年からやってたじゃねーかよ?!!!寧ろ花道に教わったんじゃねぇか!!先触るって!!!あれの応用だ、、、わかる??効率だよ、こ・う・り・つ………」






しかし桜木「いや、それよりも…………」




荒石「ん?ほら、ボーっとすんじゃねえ!!ディフェンスだ」






桜木、口下手になり聞き方を少し間違えたようだが、質問の意は、そのプレイの"質"だった




桜木(荒石の野郎、リバウンドが上手くなってやがる、、、今のは、この天才・桜木でもあそこへ落とせん………)


桜木、身近なライバルの成長に少し驚いている





湘北ベンチ


「流石、桜木二世だ!!!!」


「チップアウトは荒石の得意技だ!!!」


「本当にバスケ歴一年かよ!!!?」



そして、安西、口を開く

「そう、荒石君の凄みは、実は身体能力や高さではない……………その戦術理解度やバスケIQの高さです…………バスケ経験一年と少し、、どうやったら皆さんに追い付けるかといつも効率を考えている、それがこういった応用のプレイにも繋がるのです、これも特殊能力………誰にも真似出来ません………」





湘北ベンチ「荒石淳也………」ゴクリッ









天崎、嫉妬「何か盛り上がってるみたいですけど、俺のブロックもお忘れなく!!!」





観客「確かに、天崎と荒石がめちゃくちゃプレイに絡んできている」



「凄い2年生コンビだ……… 」



続く  

2017年08月09日

スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(824話)

『VS新生・陵南』





2日に渡って行われた武蔵カップはいよいよ最終戦



相手はライバル・陵南高校である








天崎「ふぅ、ここまで長かった」



荒石「2日で6試合は中々ハードだったな」



須形「けど色々経験と確認が出来ましたね」



石井・佐々岡「そのおかげで僕らも出れた………」



桑田「よしっ!!陵南に勝って全勝優勝だ!!!」



湘北メンバー「おぅ!!!!!」









一方、陵南ベンチ



実は陵南

彦一「うちも全勝でここまで来たんやで………」



菅平「湘北と違って接戦続きだけどな」



高松「勝った方が(全勝)優勝だ!!!」







観客

「天才・仙道が抜けた新生・陵南、いったいどんなチームなんだ?!!」



「何やかんや常誠や浦安商業にも勝ったんだから底力はあるはずだ!!!」



「あの関西弁のキャプテンは何で毎試合湘北戦見れてんだ?!!」



「キャプテン??マネージャーじゃなかったのかwwwwww」



「知らんwwwwww」













そして各ベンチ、スタメン発表



湘北スタメン

PG/13.須形/1年/180cm
SG/9.天崎/2年/180cm
SF/4.流川/3年/192cm
PF/8.桜木/3年/194cm
C/10.荒石/2年/193cm



彦一、カチカチカチカチ「やはりここ一番のメンバーはこの五人なんやな!!?湘北、負けへんで!!」






そこへ、ゴツッ!!!!


田岡のげんこつ「バカもんがぁ!!!お前キャプテンだろが、まとめろ!!!」




彦一「殺生な…………」痛みでプルプル震えている




しかし、陵南のスタメン


PG/8.宮野望/2年/174cm
SG/7.高橋信久/2年/182cm
SF/6.外川晴樹/3年/187cm
PF/5.菅平修/3年/192cm
C/10.高松大治/2年/195cm


観客

「おーーー!!!!新生・陵南!!!!」


「何だよ!!!!あの関西弁、キャプテンなのにスタメン違うじゃねぇかよ?!!!wwwwww」










彦一、自分に言い聞かせる「違うんや違うんや~ワイはプレイング・マネージャーなんや~」



田岡、またげんこつ「ええ風に言うな!!!またスタメン奪い返せ!!!」





彦一「はい!!!!」




彦一、続ける「けど、仙道さん抜けたかて、うちのチームは強いで」


「去年のインターハイ全国ベスト4メンバーの菅平君と国体選手の高松、そして、、、」





「宮野はゴリゴリのドライブが出来るPGや、見た目もイカツイで」



「高橋は、何でも器用にこなせるオールラウンドプレーヤーやで、シュートタッチも柔らかや」



「そして、うちの新・エース、外川君や、男前やろ?!!ガンガン点取りよるで!!怪我多かったけど今年のチームに間に合って良かったわ」



「三人とも我が強い!!!それをキャプテンのワイがまとめとんねん、今年の陵南も強いで、見とれよ、しょうほーーー」



ゴツン!!!!



またまた田岡のげんこつ「バカモンが!!!またビデオに声入っとるだろがぁ!!!で解説口調すな!!!!」



彦一、計三回のげんこつで身体がプルプル震えている








両校に敗れた残りの五チームも注目


三浦台・大久保「どっちが上だ?」


東桜・長瀬「正直、わからんで」


常誠・丸尾「ズバリ難しいでしょう」


津久武・南郷「桜木め!!!」


浦安商業・鵜澤「さぁ試合開始だ」






審判「それでは試合を始めます」



ジャンプボールは



湘北はここまで五連勝の桜木!!!!!



陵南は、高松!!!




桜木「ぬっ?テメー背が伸びてるじゃねぇか???」



高松「はい!!!」



風貌も体格も魚住に似ている高松、半年で身長がかなり伸びていた


桜木(まさかボス猿ぐらいにならねーだろうな………汗)







『ティップオフ!!!!』








バシィ!!!!!




制したのは、桜木!!!!!!



湘北ベンチ、沸く「全勝だぁ!!!!!!」




彦一「ホンマに桜木さんにジャンプボールで勝てる奴なんか全国にもほとんどおれへんのちゃうか?!!」







ボールは須形「一本!!!!」



宮野は声でプレッシャーをかける「オラオラ、一年坊主、ボール取っちゃうぞ!!!」




須形(チッ!!うるさいな!)


そして、得意のドリブルワークから宮野を抜く




宮野「速い!!!!」








そこへ、菅平が!!!!







オフェンス・チャージングを取りに来る





湘北ベンチ「気をつけろ!!!そいつ(菅平)はそーゆープレイが得意だぞ!!!」





須形、急ストップでこれを回避し(危ねーーー)






桜木へパス!!!!





桜木へは、ヘルプの高松!!!!





桜木、迷わずジャンプショットの構えをしようとした瞬間!!!!











バチィ!!!!!!







ボールの位置が低いうち



外川がスチール!!!!!!






桜木「何??????」










そして、陵南、速攻!!!!









速攻は宮野、ディフェンスは追い付いた天崎!!!



宮野構わず、レイアップ!!!!










をシュッ!!!!横へパス!!!!










一緒に走ってたのが、高橋!!!!







高橋迷わず、ジャンプショット!!!!!
















を、バシィィィィ!!!!!











今度は相手速攻に追い付きブロックしたのは流川




流川「やらせるかよ!!」



高橋「クソッ!!!」(Sランク野郎!!!!)










そして流川、ブロックしたボールを自らキャッチし、そのまま、ゴール下まで大きくパス!!!






そこにいたのは、、、










桜木!!!!!









桜木「食らえ!!!!ゴリラダンク・2!!!ウホッ!!!」







桜木、ボーズハンド・ダンク!!!!









ドカァァァァァァァ!!!!!











炸裂!!!!!








先制点は湘北



桜木「見たか、陵南!!!」




そして、会場も爆発!!!!!


「ウワーーー!!!桜木のダンクで先制点!!!!」



「いや、それより、展開が速すぎだ!!!!!」



「一瞬で色々あったぞ!!!!!」









彦一「アンビリーバボーや、、、」










流川、直ぐ様「一回取られてんじゃねぇかよ」



桜木「グッ…流川………」






いずれにせよ?
湘北VS陵南のアツい闘いが始まった



続く  

2017年08月07日

スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(823話)

『何でも楽しい』





武蔵カップ・第5戦、千葉・浦安商業戦



第1クォーターが5分経ったところ


湘北16
浦安商業4




浦安商業の何度かの攻撃を、、、




湘北は、桜木&荒石が苦手なはずのゾーンディフェンスで押さえる




観客

「おいおい、どうなってんだ、湘北!!!」


「桜木・荒石はゾーンディフェンスが苦手なはずだったんじゃないのかよ?!」






湘北ベンチ


天崎「この実践はチームとしてはめちゃくちゃありがたいな」


与田「まだちょこちょこ連携ミスはあるが、試合の中で成長出来る」



野茂「そして石井さん、佐々岡さんも生き生きプレイしているぞ」



須形(俺も早くこの試合に出て、色々試したい!!!)



安西、チームの成長と向上心に自然と笑みが溢れる「ニコリッ」





調子づくのは桜木・荒石


桜木「おらー、三年坊主、足動かせー!!!!」



荒石「石井・佐々岡、声出せーーー!!!!」



石井・佐々岡「おう!!!!」





流川はヤレヤレ「エラソーに、、、まだ全然だっつーの………」







そして、次のディフェンス



ザシュ!!!!



案の定、鵜澤に桜木と荒石の間に出来た位置からジャンプショットを決められる!!!




桜木・荒石「ハッ!!!!!」汗




その瞬間流川「どあほう、今のはこーだろうが!!!!」とジェスチャーで指摘する




荒石「お、おうよ…………」



桜木「グヌヌヌヌヌ、エラソーに…………」ぐうの音も出ない






そして、チームは安西と流川のアドバイスで修正を繰り返しゾーンディフェンスを遂行していく





桜木と荒石は、楽しそうにしている






桜木軍団


高宮「花道、何か楽しそうにやってるよな!!?」



大楠「この手のディフェンスとかチームプレーとかは嫌いなはずなのによ…………」



野間「いつもディフェンスの練習は、つまらなそうにやってたような…………」








水戸「何でも楽しんだよ!!!!バスケの事で自分が成長出来るのが!!!」








一同「バスケットマンだから!!!!」












そして試合展開は、










湘北圧倒!!!!!





第4クォーターラスト3分



湘北はペースを崩さず試合を進めてきた、そして湘北は何とベンチメンバーを全員出場させたのだ



コート上は須形、天崎、流川、桜木、荒石の最強メンバー




彦一「スゴイで、湘北!!全員出場やのに圧勝や、、、安西先生はこれでゾーンの連携を確かめてる感じやな?!!!」






浦安商業メンバーは全員肩で息をしている、ハアハアハアハア


ロベルト「何だ、湘北のこの強さは?!!」


増嶋「ゾーンの連携とかは弱点じゃねぇのかよ」


脇田「手も足も出ない」ブイーン



中川「クソッ、うちがまるで弱小チームみたいだ」




ここまで孤軍奮闘のルーキー鵜澤も「これが湘北高校の強さ…………」








彦一「浦安商業は全国でもかなりの強豪やで、全然弱いわけちゃうで?!!」






湘北、浦安商業最後の攻撃・脇田のシュートも、桜木のブロックで叩き落とす



そして


『ピッピー!!!試合終了!!!』



湘北101
浦安商業48



湘北メンバー
「五連勝だ!!!!!後一つで全勝優勝だぁ!!!!!」



湘北、武蔵カップを五連勝でラストの新生・陵南との試合を迎える



続く  

2017年08月04日

スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(822話)

『弱点克服の浦安商業戦』





桜木「うざわ………???」



彦一「そうです、鵜澤君です………」



桜木「それがどうした???」



彦一「いや、だから、次対戦する浦安商業のスーパールーキー鵜澤潤二君ですよ!!かなりええセンターですよ………昨日からも大活躍で、うちも結構ヤラれましたわ………」



桜木、機嫌が悪くなってくる「だからそれがどうした………?」



彦一「いや、だから、湘北もかなり苦労するんちゃうかて…………ヒーーーー!!!!!」彦一、ようやく桜木の顔色に気づき口をつぐむ




が、時既に遅し、桜木、鬼の形相から彦一をチョップでシバく!!!!!!


バシバシ!!!!バシバシ!!!!!
「テメー!!!!俺様がそんな一年坊主に負けるって言いたいのか、オラー!!!???」


彦一「ヒィーーーー!!!!!違うんやーーーーー!!!!!」会場中に悲鳴がこだまする








湘北・陵南メンバー「何やってるんだ…………ったく???」汗






気を取り直して試合準備

彦一、カチカチカチカチ、シャーペンを取り、語り始める(さっきは酷い目におうたわ)
「けど、浦安商業はかなり強いで!!元々(ハーフの)ロベルト君と脇田君がバリバリ仕掛けて、中川君と増嶋君はどっちかって言うとその二人をコントロールするチームやった、そこにあのゴツいセンター鵜澤君が入ったんや、、、千葉の強豪・浦安商業!!!!!流石やで!!!??」




その浦安商業のスタメンは

#4/PG/中川秀人/3年/178cm
#7/SG/増嶋勝也/2年/180cm
#10/SF/ロベルト・カレン/2年/185cm
#5/PF/脇田寧樹/3年/192cm
#15/C/鵜澤潤二/1年/194cm


「鵜澤ー!!!!!」

「鵜澤ー!!!!!」


早くも人気のスーパールーキー!!!!




一方、湘北のスタメンは

PG/石井/3年/172cm
SG/佐々岡/3年/175cm
SF/流川/3年/192cm
PF/桜木/3年/194cm
C/荒石/2年/193cm


石井・佐々岡「スタメン来たぁーーーー!!!!」



桜木「ぬっ???三年坊主」


荒石「おいおいおい、石井と佐々岡で大丈夫かよ???!ガハハハハ……ん?」


「大丈夫です、彼らも全国制覇を目指すこの湘北のユニフォームを勝ち取りました、ダメならすぐ代えます!!!石井君、佐々岡君、良いかね?」安西、直ぐ様応え質問


桜木・荒石、安西の素早い返答に圧倒させる「お、おうよ…………」



石井・佐々岡「はい!!!!」(全力でやる!!!!!練習の成果を見せてやる!!!)



安西、「ディフェンスは2-1-2のゾーンで行きましょう~レッツゴ~♪」



石井・佐々岡「ゾーンなら"個"の差は出にくい、やれる!!!?」



桜木・荒石、不安そうに「ゾーン…………???!!!」去年もそうだったのだが、"組織"で守るゾーンは苦手そうな二人…………




形勢逆転の石井・佐々岡、ニヤリッ!!!(やってやる)





湘北メンバー(石井さん・佐々岡さんにはスタメンでの試合勘や自信を植え付けさせ、桜木さん・荒石にはゾーンの克服か?!!!)



晴子(やっぱり安西先生はスゴイわ………)



流川「なるほど………」





それぞれが作戦を理解、課題を胸に、浦安商業戦、スタート!!!!







ジャンプボールは桜木VS鵜澤


桜木「フッ、"う猿"が………見てろよ…………」


鵜澤「鵜猿………???」(桜木…………日本でも有数のインサイドと聞く…………)




『ティップオフ!!!!』



バシィーーーーー!!!!!!


勝利は言わずもがな、桜木!!!!!!


「五連勝!!!!!スゲェ!!!!!」

鵜澤(何だ、このジャンプは!!!?)







湘北ボールでゲームスタート



石井「一本!!!!」



桜木・荒石「おっ!!!?」




石井「ローポスト!!!!」



荒石・桜木、うっすら笑みを浮かべ、返事「おうよ!!!!」



ボールが回り、最初の攻撃は、桜木のポストアップ、マークマンの脇田を押しきり、すかさず荒石のマークマン鵜澤もヘルプに!!!

鵜澤(桜木のパワーは想定内なんだ!!!!ヘルプは忘れない!!!!)




そこへ


桜木「荒石!!!」


バッ!!!!!!


これに佐々岡のマークマンの増嶋が第2のヘルプで反応!!!!





が、、、





クッ!!!サッ!!!!!





桜木のとった行動、何と荒石へのパスはフェイントで、
「おらっ!!!打て!!!!!」



パスを出した先は、、、










佐々岡!!!!






流川「よしっ!!!」




佐々岡迷わず、ジャンプシュート!!!!!










ザシュ!!!!!





そのシュートは、見事にリングをくぐる!!!!





湘北ベンチ、歓喜「ワァァァァァ!!!!!佐々岡さん!!!!!」





観客・彦一、唖然「桜木さん、ヘルプディフェンスのズレを突きよったで、、、見事なパスフェイントや!!!」






大きな声を出し攻撃を組み立てた石井、桜木からのパスを見事に決めた佐々岡「ヨシッ!!!!!!」

一気に緊張がほぐれる




他のコートメンバー、荒石「おいおい、花道!!!俺を囮に使いやがってよ~」得意の憎まれ口も明るいトーン



桜木「フン、たわけ!!!次ディフェンスだ!!!」












浦安商業の攻撃


中川「ん?」


脇田「ゾーン?」



湘北にとっては、珍しいゾーンディフェンスに気づく



ロベルト「湘北はゾーンはあまりしてこないと聞いたが…………」


増嶋「クソッ!!なめてやがるんだ!!!」







湘北前線のディフェンスの石井・佐々岡「左!!!!右!!!!」



湘北ベンチ「おーーーー!!!!石井さん、佐々岡さん!!!声も出てるし、足も動いている!!!!」





ボールは右コーナー(湘北左コーナー)!!!!


荒石(これは出るんだよな?!!!!)



中が一枚空いた所に、鵜澤走り込む!!!!


鵜澤(こういう動きには苦手なはずだ!!!?)





が、真ん中桜木きっちり鵜澤につく




鵜澤「何????」





桜木(荒石が出たとこは俺!!!)



そして、仕方なしに鵜澤が逆サイドに切れる



その時も桜木「おい、キツネ!!!!」



流川「知ってる!!!!」




湘北ベンチ「おーーー!!!ちゃんと"送り"もしている!!!」



浦安商業は鵜澤にボールが渡せず、困惑、、、そしてさっきの鵜澤と同じ通り道に、今度は脇田が飛び込む!!!!


それにも、桜木きっちり戻りつく!!!!


脇田「何????」



ボールは何とか脇田に渡るが、脇田、桜木のマークが気になりローポスト付近で止まってしまう


そして、シュートの構えをするが、それにも桜木が対応!!!!


脇田、躊躇(ダメだ、打てない!!!)



パスも出せず!!!





そして、『ピッピー!!!!24秒!!!!湘北ボール!!!!』






観客、爆発!!!「ワァァァァァ!!!!いきなり24秒取ったぁ!!!!」




湘北ベンチも「ナイス!!!!!!!!」

(スゲーーー!!!!桜木さんも荒石も克服してる!!!!)



新チーム早々5vs5などの実践形式の練習を多くこなしていた湘北、その中でゾーンディフェンスも試していたのであった



桜木・荒石、一安心と言った様子「ふぅ…………」






そして、コートメンバー五人「誰がなめてるって???!!!」五人のバックにボーっと炎があがる





ベンチ、更に沸き立つ「オーーーーーー!!!!!」





弱点を少しずつ克服!!!


湘北、強し!!!!!





続く  

2017年07月31日

スラムダンクの続きの続きのキャラのネーミング解説

本来なら読者の皆様にあーだこーだ予想して貰いたいので

あんまこーゆー解説はやりたくないんだが(Kさんはやってなかったから)、まぁまだ初心者なので、じっくり丁寧に、、、




スラムダンク(の続き)はある程度キャラの名前はモデルがあり各チームで統一させている(例えば湘北モブキャラの桑田・石井・佐々岡は同期プロ野球選手ってのは有名)

で、続きに関しても、野茂、与田は間違いなくその法則に乗ったものだし、各高校のキャラもネーミングセンスが抜群です


例えば
新・海南=キャッチャー軍団
新・翔陽=一時のガンバ大阪
東京・東桜=SMAP
兵庫・北野坂=プロレス・ドラゴン・ゲート
愛知・名朋の落合、沢入は中日、グランパスの代表的な監督

その他・各都道府県チームも何か法則やその県にゆかりのある選手名となっています



どっちかと言うとドラゴンボール戦法ですよね(笑)

サイヤ人は野菜、ナメック星人はナメクジとかの




で、もうバレバレですが、私からの、スラムダンクの続きの続きでも、各高校の新キャラも、色んな法則を使うこのやり方に拍車がかかってます(笑)


で、その新キャラ作るのが今楽しすぎるので、だいぶモチベーションに繋がってます


なので、だいぶポップになってますが、大目に見て頂ければ、、、m(__)mペコリ




では、もうバレバレですが元ネタ公開


湘北新1年生=野球選手(厳密に次のドラフト年です、下柳、長谷川、岡林、吉井など)

三浦台=最近の素行の悪いJリーガー

東京・東桜=TOKIOに変更

静岡・常誠=ちびまる子ちゃん男子クラスメート

津久武=南郷より続けて漫画・アカギの敵キャラ



で今、津久武戦は晴子を賭けて戦うのですが、晴子の苗字は何を隠そうアカギなのだ

TOKIOと戦う時は、サバイバルやガチンコって言葉入れたの気づきました?(笑)

ちびまる子軍団は、台詞でわかりますよね(笑)


色々ネタ仕込んでるんですよ



的なところがあるので(どんな的なや汗)


これからも新キャラは何のパクり、、いや何の法則か、予想して見て頂ければ、より一層楽しいかもですね、ではでは


  

2017年07月31日

スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(821話)

『勝負師とスリーポイントと』





武蔵カップ2日目、津久武戦



晴子「私を賭けて・・・???どういう意味なの………?!! まさか!!転校しろって事???」


荒石「あのなぁ、マネージャー!!!あんたを"賭ける"って事はなぁーーー!女としてのーーーー!!!!」



桜木、慌てて口を塞ぐ!!!「アワワワワ!!!!!」



晴子、その姿にやはり首を傾げる「?????」



しかし、心の中で決意(転校は嫌、私はれっきとした湘北のマネージャーなのよ…………)



湘北メンバー、汗(相変わらず鈍感だよな…………)








そして、津久武のスタメンは、

PG/市川/175cm
SG/竜崎/178cm
SF/矢木/182cm
PF/鷲巣/190cm
C/南郷/194cm


彦一「古豪・津久武、どこからでも3Pが打てると聞くで!!?」




一方の湘北メンバーは

PG/須形/180cm
SG/野茂/177cm
SF/天崎/180cm
PF/流川/192cm
C/桜木/194cm


彦一「おおぉー、安西先生、あえてシューターの野茂君を入れて、そこから一つずつポジションをズラしてきよった?!!!」


観客「"目には目を"作戦か!!」


観客「あのケンタッキーのおっさん、意外に"勝負師"だぞ!!!」






湘北メンバー「3P対決ってことか?! !」


安西、眼鏡が光る「キラッ!!!!」


湘北ベンチ、ゴクリッ(勝負師!!!)







試合開始

ジャンプボールは桜木vs南郷



南郷「桜木、勝って晴子ちゃんは俺がいただく」



桜木「たわけ、メッシュ猿、晴子さんは俺の彼女(の予定)なんだ…なんだ…なんだ…」こだましフェードアウト………



『ティップオフ!!!!!』


バシッ!!!!!!!



制したのは桜木!!!!


湘北ベンチ「四連勝!!!!」



桜木「見たか?!!!!メッシュ猿!!!!」


南郷「クッ!!!」




湘北、初めの攻撃で、流川がスリーポイント!!!


ザシュ!!!!!



楽々決める


湘北3
津久武0



彦一「流石や、流川君は………」






津久武の最初の攻撃も鷲巣のスリーポイント!!!


しかしこれは、流川がタイトなディフェンスで体勢を崩させ無理やりなシュートとなる


ガコン!!!!リングに当たり



「リバウンドーーー!!!!」




は、桜木!!!!!南郷のはるか上でキャッチ!!!!


「リバウンド王・健在!!!!!」





そして、速攻も天崎からインサイドアウトし、スリーポイントラインにいた野茂に!!!




野茂、構わずシュート!!!


ザシュ!!!!!


湘北6
津久武0




南郷「?????」


そして津久武メンバー早くも、違いを感じてしまう






次からの攻撃も天崎、須形とスリーポイントを次々決め









湘北は、第4クォーターラスト1分まで、この勢いを保った


ここまで、実にチームで20本のスリーポイントを決める


安西「フム………」ご満悦







そして、津久武のラストの攻撃、センター南郷がスリーポイントを決め一矢報いる


湘北105
津久武42



南郷「おらーーーー、桜木!!!俺は一本決めたぞ!!!!!!」


そう、湘北スタメンでは、唯一スリーポイントの得点がない桜木


観客(まぁポジションの役割によるが………)






しかし、桜木「フッ!!?目にもの見せてやるわ!!!!」




湘北のラストの攻撃!!!!





ラスト3秒、ボールが回った場所は














スリーポイントライン右コーナーで待ち構えていた桜木!!!!


桜木「見よ!!!天才・桜木の新必殺!!!」


桜木、迷わずジャンプショット!!!!






シュッ!!!!!!





キレイなフォーム











ボールは美しい弧を描き














美しい弧を描き















そのままゴールを過ぎ?

















逆サイドにいた流川がキャッチ!!!


流川、瞬間ため息「フゥ………」やれやれとのジェスチャー





ここで
『ピッピーーーーー!!!』
「試合終了!!!!」









数秒の間が空いた後、両コートメンバー、両ベンチ、駆けつけた桜木軍団、そして全ての観客は、ため息、そして大爆笑wwwwwwwwwwww


「ワハハハハハハーーーーー!!!!!!!」




「何やってんだ、桜木wwwwww」


「全国3位でもリバウンド王でもスリーポイントは素人のままだぁwwwwww」


桜木軍団、パッパー!!鼓笛を鳴らす
水戸(あーあ、何やってんだか…………??)






桜木はフォロースルーのまま白い灰になっている





南郷は「俺はこんな奴に負けたのか………?!情けねぇ………」


しかし、桜木のスタッツは20得点、23リバウンド
実は充分な活躍を果たしている



勝負師・安西は締まりの悪い試合に困り顔



南郷「クソーーーーーーーー!!!!!」



晴子、安堵の表情「ホッ」










素に戻った桜木、恥ずかしさと困惑の表情

「グヌヌヌヌヌ………」




そこへ、流川が通りすがり「どあほう…………テメーはまだスリーはいい」


桜木「ルカワ…………」





そう、桜木がスリーを意識するのはもう少し未来の話



何はともあれ、湘北&桜木、晴子を賭けた闘いに勝ち、武蔵カップ四連勝!!!!


桜木「あと2つ!!!!!!!!」



続く